株式会社レードル(薬膳ヨガ®︎)は2008年創業の薬膳・ヨガ・マインドフルネスを社会に届ける会社です

美味しくて身体に優しいお雑煮

こんにちは、薬膳ヨガ®︎編集部のあおつきです。

クリスマスも終わり、もうすぐお正月がやってきますね。新年を迎える準備は進んでいますか?年賀状や、大掃除、おせち作りにお年玉の用意など、やることはたくさんあります。

1年の締めくくりを行って、気持ち良く新年を迎えたいものですね。

今年はコロナウイルスが流行し、感染拡大防止のため、外出自粛や在宅ワークなどが促進され、私たちの生活は一変しました。2021年こそはコロナが収束し、安全で穏やかな日常を取り戻せることを世界中の人たちが願っているはずです。

お正月はそんな風に平和や安全を祈り、縁起の良いものを飾ったり、食べたりしますよね。お正月に欠かせない料理といえば「お雑煮」です。熱々の汁にとろーりと伸びるお餅がたまらなくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

お雑煮は昔から縁起の良い料理と位置付けられてきました。元旦にお雑煮を食べる際には、旧年の収穫に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈願していたとされています。

各家庭によって、お餅の形、汁や具材などさまざま。関東では角餅、関西では丸餅など、地域の特色が現れるため、ふるさとの味ともいえます。

毎年当然のように食べるお雑煮ですが、薬膳の視点を取り入れると一味違った楽しみ方ができるはずです。今回はお雑煮に入っている具材の効能を調べてみました。

お雑煮に必ず入っているお餅の材料はもち米です。もち米は倦怠無力に効くといわれています。お餅以外の具材によく使われる鶏肉は、食欲不振や虚労に効果があり、彩りを添えるほうれん草は不眠や便秘、酒酔いに良いとされる食材です。

お雑煮の出汁をとるのに欠かせない昆布はむくみや肥満に効果を発揮し、昆布と相性抜群のには体力低下や老化を抑えるといわれています。お雑煮を1杯食べるだけで、パワーが溢れて、身体が元気になりそうですよね。

具材が変われば、効能も違います。来年のお正月は、ぜひ自分が食べ親しんだお雑煮にはどんな効能が含まれているのか調べてみてくださいね。薬膳の知識を活かしてお雑煮を楽しむと、新たな発見があるはずですよ。

お正月は自粛で、出かける予定のない方も多いはず。寝正月で終わらせないためにお手軽に始められる読み物はいかがですか?「7つの瞑想レシピ」には瞑想の実践法が紹介されています。新しい年に何か始めたい方や、健康になりたい方にもおすすめです。

あわせて読みたい
500円で始めよう!「7つの瞑想レシピ」
500円で始めよう!「7つの瞑想レシピ」瞑想に興味のある方は、PDFでダウンロードできる、お手軽な読み物からいかがですか?すぐに試せる6つの瞑想ワークと特別な1つの瞑想の実践法がかかれています。コース...
ミホ
株式会社Ladle|薬膳ヨガ®︎ 代表
1969年 東京生まれ 湘南育ち 

元OLで主婦でWEBデザイナー。37才でIT業界の激務、離婚、膵臓・婦人科・皮膚科の病気を経験。薬膳とヨガによって3ヶ月で完治し講師の道へ。あれこれ研究するうちに薬膳とヨガの繋がりを発見。師の承認を得て薬膳ヨガ®︎を体系化。2013年にスクール起業しました。

現在は鵠沼海岸のスタジオからオンラインで「薬膳を伝える人」を育成。2025年にベトナム校を開校予定。好きな食べ物は生クリーム。嫌いなものは羊肉と嘘。

専門分野:東洋医学 / 薬膳学 / 経絡ヨガ / 中医哲学 / 解剖生理学(内臓) / マインドフルネス瞑想学 / 薬事法

ミクニヨコハマメニュー監修|妊活雑誌監修|福利厚生プログラム監修|メディアライティング案件|ウェブコンサルティング案件

受講者3万人|養成コース300人|オンライン受講者3,000人|メルマガ2,000人|SNSフォロワー 3,000人

日本漢方養生学協会漢方養生士|全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員|薬事法管理者|Search Inside Yourself修了

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる