株式会社レードル(薬膳ヨガ®︎)は2008年創業の薬膳・ヨガ・マインドフルネスを社会に届ける会社です

ホストパパのかぼちゃスープ

こんにちは、薬膳ヨガ®︎編集部のあおつきです。

10月も半ばを過ぎ、段々と涼しくなって秋を感じる瞬間が増えてきましたね。

みずみずしい果物や、ほっこりする秋野菜など、美味しい食材が旬を迎え「食欲の秋」の訪れを食卓が伝えてくれます。

秋のイベントとして、すっかり定着したハロウィン。かわいい仮装をしたり、お菓子を食べたり、ハロウィンを楽しむ方は多いのではないでしょうか?

収穫を祝うこの日のために、欠かせない食べものと言えば「かぼちゃ」です。海外などハロウィンのお祝いが盛んな地域では、かぼちゃを顔の形にくり抜いて、中にろうそくを入れたランタンを作ります。悪霊を寄せつけないために、ランタンのかぼちゃが家の前に置かれるのです。


そんな秋の定番野菜のひとつであるかぼちゃは、和食でも洋食でも、そのまま蒸しただけでも美味しい優秀食材です。

わたしも大好きなのですが、かぼちゃを見ると思い出す、忘れられないかぼちゃ料理があります。温かくて、心まで優しい気持ちにさせてくれた思い出の味です。

学生の頃に留学をしたとき、ホームステイ先のパパは、イタリアンレストランのシェフでした。パパが作る夕食はパスタや、ラザニア、ピザなど、絶品のイタリア料理ばかりです。どれも美味しくて、パパが料理を作る日はいつもより夕食が楽しみでした。

ある日、家に帰るとキッチンから甘くていい香りが漂ってきました。香りのするお鍋の蓋を開けると、鮮やかな黄色の「かぼちゃスープ」がたっぷりと入っていたのです。

味見をせずにはいられなくなり、一口食べてみました。滑らかな舌触りのスープは、甘くてコクがあり、優しいとろみがたまりません。あまりの美味しさにスプーンが止まらなくなりました。

スープには、オーストラリアでポピュラーな「バターナッツかぼちゃ」が使われています。かぼちゃをハンドミキサーで攪拌し、とろとろに仕上げられた絶品のポタージュスープ。かぼちゃってこんな風に変身するのか、という衝撃を受け、今でも秋になると懐かしくなります。

秋に思い出してしまう料理ってありますか?どんな料理が好きだったか、どんな食材に懐かしさを感じるのか、秋の夜長に振り返ってみるのも楽しいですよ。

みなさん薬膳ヨガのFacebookはご覧になっていますか?日々の暮らしの豊かさを感じられて、癒される投稿ばかりなのですが、秋の食材もたくさん登場しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。Facebookは、薬膳ヨガ®︎カレッジの受講生・修了生が所属するSNS部のみなさんが日替わりで更新しています。

薬膳ヨガ yakuzenyoga

https://m.facebook.com/yakuzenyoga/

11月開催の薬膳イベント「秋のフレンチ食べに行こう」にも、SNS部の方が来られるかもしれないので、出会えたら思い出の食材やかぼちゃの効能についても尋ねてみてくださいね。きっと秋のごはんがさらに美味しくなりますよ。ご予約は下記のページからお早めにどうぞ。

あわせて読みたい
ランチ薬膳「秋のフレンチ食べに行こう」ご予約開始
ランチ薬膳「秋のフレンチ食べに行こう」ご予約開始先日お知らせいたしました薬膳イベントが決定いたしました。秋のランチ薬膳薬膳をとりいれたフレンチのコースを、薬膳のお話を聞きながらお召し上がりいただきます。お...
ミホ
株式会社Ladle|薬膳ヨガ®︎ 代表
1969年 東京生まれ 湘南育ち 

元OLで主婦でWEBデザイナー。37才でIT業界の激務、離婚、膵臓・婦人科・皮膚科の病気を経験。薬膳とヨガによって3ヶ月で完治し講師の道へ。あれこれ研究するうちに薬膳とヨガの繋がりを発見。師の承認を得て薬膳ヨガ®︎を体系化。2013年にスクール起業しました。

現在は鵠沼海岸のスタジオからオンラインで「薬膳を伝える人」を育成。2025年にベトナム校を開校予定。好きな食べ物は生クリーム。嫌いなものは羊肉と嘘。

専門分野:東洋医学 / 薬膳学 / 経絡ヨガ / 中医哲学 / 解剖生理学(内臓) / マインドフルネス瞑想学 / 薬事法

ミクニヨコハマメニュー監修|妊活雑誌監修|福利厚生プログラム監修|メディアライティング案件|ウェブコンサルティング案件

受講者3万人|養成コース300人|オンライン受講者3,000人|メルマガ2,000人|SNSフォロワー 3,000人

日本漢方養生学協会漢方養生士|全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員|薬事法管理者|Search Inside Yourself修了

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる