株式会社レードル(薬膳ヨガ®︎)は2008年創業の薬膳・ヨガ・マインドフルネスを社会に届ける会社です

お餅とほめ言葉。

あけましておめでとうございます。

やることが多くてしばらくかけませんでしたが、また徒然なる投稿におつきあいいただけたら嬉しいです。

年末年始は年賀状をふくめて普段いえない気持ちを伝える機会が多いですね。

「今年はあなたのおかげで励まされました」「来年もあなたのこれを楽しみにしています」
私もここ数日たくさん気持ちを伝えてもらい、自分もたくさん伝えて幸せな気持ちになりました。

でもふだんはほめ言葉はできるだけ人づてに伝えるようにしています。

面と向かってほめられるより「誰々さんがこんなふうにあなたのことをほめてたよ」と、伝言でほめられるほうが受け取りやすいとある本で読んだからです。

でも本来、ほめられて謙遜する必要はありませんよね。ありがとうといえばいいだけです。

なのに「いやいやとんでもないです」と言わなければいけないような気がすることがあります。

それの何がいやかって、謙遜しているあいだに嬉しい気持ちを味わいそびれてしまうことです。もったいないのです。味わいたいではないですか。

その点、人づてであれば「あら、誰々さんそんなこと言ってくれていたの」と、余裕をみせながら内心ガッツポーズすることも可能です。

あるとき、この「いやいやとんでもないです」が、思わず出て来るのはなぜなのかを考えてみたら、理由の一つに「体調」の問題があるなと思いました。

性格などの一生の問題ではなく、今たまたま体調が「気虚」(ききょ)だという考え方です。

「気虚」というのは東洋医学の「体調」を示す言葉で、気が不足しているという意味です。

症状として多いのは、やる気が起きない、疲れやすい、意味もなく自信を失うなどがあります。
たしかにその状態でほめ言葉をもらっても、謙遜してしまうのも無理はないですよね。

でも先述の通り、「気虚」は体調ですから、元に戻せるんですよ。

たとえば食事で対策するなら、「補気(ほき)」という効能をもつ食べ物を常食するという方法があります。

「補気」の食べ物はたくさんありますが、1月といったら代表的なものは「お餅です。

みんな大好きですよね。「僕は私はお餅が大好き、一度に3つは食べるよ!」という方も少なくないと思います。

でも、気を補う目的のときの、お餅の理想の食べ方というものがあって、それは「1日に1/2個を毎日」です。この1/2は目安で、つまり、あえて物足りないくらいにとどめて、飽きないようにする作戦です。

お餅は「補気」という効能を、たしかにメインでもっていますが、食べ手が美味しくないと思いながら食べても、その効能を100%発揮できません。

飽きないように食べるのがコツなのです。

そういう意味ではお腹がすいていなかったり、「今はトーストが食べたい」というときに食べても、お餅の「補気」は発揮されません。
排泄物となってでるか、脂肪分として蓄えられてしまいます。

食べたい度が9か10になるのを待って、「ああ、やっぱりお餅っておいしいなぁ」と、喜びをもって食べるようにしてみてください。

数日もたつころには、気力が戻り、ほめ言葉も素直に受け取れるようになっているはずです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

↓食べたい度9か10の測り方の記事を以前にかきました

あわせて読みたい
ポテトチップスを毎日食べ続けた話
ポテトチップスを毎日食べ続けた話リモートワークになってなんか安易に食べるようになっちゃったなーと思うもののひとつに、ポテトチップスがあります。以前は手に取るのに結構勇気がいったのに、友達が...
ミホコ
株式会社Ladle|薬膳ヨガ®︎ 代表
1969年 東京生まれ 湘南育ち

元OL、主婦、WEBデザイナー。37才でIT業界の激務や離婚、婦人科や皮膚科の不調を克服し薬膳とヨガに従事。2008年鎌倉稲村ヶ崎にて薬膳ヨガ®︎設立。2013年鵠沼海岸スタジオオープン。2021年香川県小豆島移転。
東洋医学 / 薬膳学 / 経絡ヨガ / 中医哲学 / 解剖生理学(内臓) / マインドフルネス瞑想学 / 薬事法
ミクニヨコハマメニュー監修|妊活雑誌監修|福利厚生プログラム監修|メディアライティング案件|ウェブコンサルティング案件
日本漢方養生学協会漢方養生士|全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員|薬事法管理者|Search Inside Yourself修了

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる