食べ物占いワークショップ

薬膳ヨガ®︎事務局の神田川です。
11月8日(日)にZoomでのワークショップを開催します。

<内容>

質問「ランチのお店にパスタとハンバーグがあったら、あなたはどちらを食べますか?」

今の「気分」で答えてください。

▼▼▼

答え「パスタ気分の人」
何かプレッシャーを感じているかも。
深い呼吸を3回してまずは本来の自分に戻りましょう。
もしできるようなら、紙に今の気持ちを書いて、吐き出してしまいましょう。

答え「ハンバーグ気分の人」
お肌か、髪の乾燥が気になっていませんか?
胸と鎖骨の間をトントンと叩いて肺を温めてみてください。
今夜は1時間早く眠れるといいのですが。睡眠不足はあっという間にお肌が乾燥します。


パスタもハンバーグも気分じゃなかったらごめんなさい。
ここでは一例だけをご紹介しましたが・・・

こんなふうに、食べたいものから体調を診断するのが、この占いの特長です。
では「食べ物を占い」をすると、どんないいことがあるのでしょうか?

一つは、病気を防げること

重大な病気の前には必ず、体調に変化があると言われています。小さな変化でも、感じたら足を止めるのが大事だとわかってはいても、新しいことはなかなか取り入れられませんよね。
その点、食べることは放っておいてもします。
ルーティーンになっている、食べることのどこかで、今いちばん食べたいものを考えてみる。それが「食べ物占い」の、ただ一つのルールです。そんなに大変ではないと思いませんか?
何よりいちばん食べたいものを食べたときの、おいしいこと!
ただのパンが、ただの白米が、「◯◯ってこんなにおいしかったっけ!?」と、叫びたくなります。
いくら病気を防げるといっても「やらねば」になると続きませんが、その点で「食べ物占い」はやみつきになる人の多い、ダブルの意味でおいしい健康法なのです。

もう一つは、ダイエット

まにあわせのもので食事をすませるとき、私たちは、体が求めていないもので腹を満たす、ということしてしまっています。体が求めていないものは、「別に不足していない」ものなので、食べた食材の栄養は「吸収」される場所がありません。「過剰」なものとして、脂肪や老廃物になっていきます。これが肥る原因の1つです。
反対に「食べたい度が10の内10だ!」と思うほど、食べたくて食べたものはどうでしょうか?
栄養は不足しているところに「吸収」され、内臓や組織の働きが活性化します。
元気はつらつ、頭も冴え、フットワークも軽い。人生の幸福感が増すのです。
まにあわせのもので食べるのをやめることで、体重は自然に減っていきます。

<こんな方におすすめ>
・やせたい
・病気になりたくない
・私は健康的な食生活をしていると言えるようになりたい。
・食べたもの、量などで自分を責めたくなることがある。

この日は、この「食べ物占い」のやり方をお伝えします。

<食べ物占いとは?>
東洋医学の陰陽五行論、薬膳学、経絡学、解剖生理学などから、自分にあったセルフケアを知る方法。難しい理論を学ばなくても、使い方さえわかれば、誰でも日々の暮らしの中で使うことができます。

<申し込み方法>
参加チケットをPeatixでお買い求めください。(コンビニ決済やクレジットカードが使えます)

講師プロフィールはこちら▼

あわせて読みたい
代表
代表深井みほ子Mihoko Fukai株式会社Ladle /薬膳ヨガ®︎ 代表1969年東京生まれ横浜育ち。藤沢市在住。幼少期を磯子区で過ごし12歳で湘南に移る。3人兄弟の長女。インテリア業...

お問い合わせはこちら(薬膳ヨガ®︎事務局 神田川/桑江)

深井みほ子
株式会社Ladle/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員
Search Inside Yourself(SIY)コアプログラム修了
日本漢方養生学協会漢方養生士(初級)
薬事法管理者


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる