ウィルスの侵入をおさえる、○○の話。

日本人で一番人気の季節は春、
ついで秋だそうです。
みなさんはいかがですか?

私は秋が一番で、
乾いた空気、枯葉の音を、
こよなく愛しています。

でもコロナを経験してからは、
乾燥=ウィルスが蔓延しやすい
=ウィルスが侵入しやすいのでは?と、
乾燥が「不安要素」にもなっています。

ウィルスに強くなるのに免疫力は大事。
でもその前に、
その前にウィルスの侵入そのもの
防ぐ準備はできていますか?

ウィルスの侵入をおさえる存在とは?

ウィルスの侵入を防いでいるのは、
「気」なのですね。
正しい名前は、「衛気」(えき)といいます。

「衛気」は、体表を覆う空気のようなもので、
ウィルス以外にも、寒さや暑さ、湿気や乾燥など
外的な刺激から、バリアのように
体を守っています。

ただし、目には見えないんですよね。
だから本当にあるの?と思いますが、
感じることなら、誰でもすぐにできます。

<気を感じる方法

手と手を向かいあわせて1センチ離す

手のひらが温かくなる(感覚)
びりびりしびれてくる(感覚)など

この感覚が少しでも何かあれば、
それが気です。
その中で、体内を巡るものもあるのですが、
こうして肌で感じるものは、
「衛気」といわれるわけなのですね。

最後にウィルスの侵入を防ぐ方法は、
「衛気」だということです。

でも「衛気」は生活と直結していて、
たとえば、ストレスや寝不足、
食生活の乱れといった生活習慣で
けっこう簡単に低下してしまいます。

疲れがとれないとか、
だるさが続いているというときには、
内臓がどうこうなっているより先に、
「衛気」が低下しているはずです。

免疫力アップはもちろん大事ですが、
免疫力というのは、
体内に侵入してしまったウィルスと戦う
システムの力のことで、
侵入を直接的に防いでくれるのは、
「衛気」なのです。

ではどうしたら、「衛気」を強め
られるのでしょうか?

方法は色々ありますが、食事、運動、瞑想は、
どれも「衛気」を強める基本的な方法です。

コロナという新しいものが、
生活に当たり前のように入り込んでいる今は、
健康にいいことを、誰もが当たり前に、
始める時代なのかもしれません。

とくに、瞑想とヨガはおすすめです。
みなさんもぜひお試しを!

無料Zoomで体験できます。
「10分の瞑想とヨガ」 (ほぼ毎日開催)

深井みほ子
株式会社Ladle/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員
Search Inside Yourself(SIY)コアプログラム修了
日本漢方養生学協会漢方養生士(初級)
薬事法管理者


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!