株式会社レードル(薬膳ヨガ®︎)は2008年創業の薬膳・ヨガ・マインドフルネスを社会に届ける会社です

食事は薬になるのか③「食べたくないものを食べない勇気」

よだれが出そうに食べたいものは、不足している栄養を持っている、というお話を、前回書きました。

でも、中には、食べたいものがないという人もいると思います。

あなたのいう「よだれが出そうに食べたい」という感覚が、実はわからないというのです。
男女の区別はしませんが、男性の知り合いが多いかも。

そんなとき、絶対食べたくないものならある?と聞いてみます。

勤務中のパスタをを選ぶとき、他の人がトマトソースのパスタを選んでも、自分はトマトの酸味がいやでクリーム系にしたりとか。

お菓子を食べたくて、オレオが特売になっていたけど、買っても食べないかなと思っておせんべにしたりとか。

答えはだいたい、それならあるよ、でした。

無性に食べたいものがなくても、食べたくないものはわりとある。

そんあときは、今トマトが、オレオが、こちらが不足している栄養を持っていないから食べないでいいやと思っています。

トマトはヘルシーだし、オレオは安いし、と思わなくもないけれど、そうやって食べても、たいが、それほどおいしく感じません。

そんなとき、トマトもオレオも、大好きだけど、今は、私のほしい栄養を持っていないんだなと思ってわりきります。

(④に続く)

ミホコ
株式会社Ladle|薬膳ヨガ®︎ 代表
1969年 東京生まれ 湘南育ち

元OL、主婦、WEBデザイナー。37才でIT業界の激務や離婚、婦人科や皮膚科の不調を克服し薬膳とヨガに従事。2008年鎌倉稲村ヶ崎にて薬膳ヨガ®︎設立。2013年鵠沼海岸スタジオオープン。2021年香川県小豆島移転。
東洋医学 / 薬膳学 / 経絡ヨガ / 中医哲学 / 解剖生理学(内臓) / マインドフルネス瞑想学 / 薬事法
ミクニヨコハマメニュー監修|妊活雑誌監修|福利厚生プログラム監修|メディアライティング案件|ウェブコンサルティング案件
日本漢方養生学協会漢方養生士|全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員|薬事法管理者|Search Inside Yourself修了

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる