食事は薬になるのか②「よだれが出そうに食べたいもの」

2020 5/26

前回、クラスで頻繁に耳にしてきた、生姜のお話を書きました。

ところで、近頃わたしは、毎日トマトを煮詰めています。

朝はオムレツにのせて、お昼はパスタにして、夜はお肉にかけて。
3食トマトソースを欲して、欲して、食べています。

生のトマトじゃないといやな時期もありました。
たしかその前は、毎日ふきをたべていました。

ふきは、この時期自宅の庭でとれるから食べ始めたのもあるけれど、この毎日は、食事がとても楽しみだったし、いやなら食べなかったと思います。

人によって、日にもよると思いますが、それがないと始まらない、よだれが出そうに食べたい、そんな食べ物があると思います。

私は薬膳の効果もそれにつきると思っています。

仮に、よだれがでそうに食べたいものが、今からだが不足している効能をもっているから、五臓六腑にしみわたるように旨いのだと考えることがあります。

食材が正しく力を発揮する方法は、それしかないのかもしれないと思うのです。

(③に続く)

深井みほ子の画像
深井みほ子
株式会社Ladle/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員
Search Inside Yourself(SIY)コアプログラム修了
日本漢方養生学協会漢方養生士(初級)
薬事法管理者


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる