福利厚生サービス

薬膳ヨガ®︎を運営する株式会社Ladleでは、働く人のワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を整えるユニークなサービスを2012年より実施しています。

ベネフィット・ステーションもご利用いただけます。(薬膳ヨガで検索)

近日サービス内容動画が公開します。ぜひご覧ください。

目次

「12分間のヨガ」

産業医チームとの5年間の協働で生まれた、希少な12分間の運動プログラムをご指導しています。
年齢・性別に関わらず、肩こりと腰痛への効果が多く見られています。
アンケート結果

「食の学び」

食品商社、食品メーカーで営業研修を実施しています。
商品開発を見据えた、東洋医学に基づいた知識と営業力をつけていただけます。

相談事例

健康経営

社員の皆様のやる気、体力を高めることで事業の生産性を高めたい。
Google社のマインドフルネス研修(このプログラムを履修した講師がご指導にあたっています)

メンタルヘルス対策

2015年に義務化された、メンタルヘルスチェックやうつ病対策の具体的アクションにしたい。
「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」(事業者の方へ/厚労省)

安全衛生優良企業認定

申請が通ると国からホワイト企業の証であるWマークを受け、新規採用を増やしたい。
※認定には健康への積極的な取り組みが必須です。
安全衛生有料企業認定審査基準(厚労省)

医療費

通院回数を減らすことで、会社全体の健康保険料削減を目指したい。

福利厚生

社員旅行・会食の代わりとなり若手、ベテランいずれにも好まれるコンテンツを導入したい。

アンケート結果

社員

「午後2時は眠い時間帯なので助かっている。仕事のじゃまにならない程度の運動」(50代 エンジニア 男性)
「忘れた頃に先生がきて1ヨガが始まる(笑)運動不足の自分にはいい意味で強制的」(40代 エンジニア 男性)
「仕事を抜けないでいいから部員への遠慮もなく参加しやすい」(30代 事務職 女性)
腰痛が治ったのに驚いた。先生を信頼して続けたい」(50代 エンジニア 男性)
「仕事中だから先生の声に癒される人も多いと思う」(40代 エンジニア 男性)
「毎回やる肩コリ解消のポーズで本当に肩コリが楽になった。自分で治せるのだと思った」(30代 開発部 男性)
残業が多くジムにいけないのでこの福利厚生は気に入っている。続けて欲しい」(30代 事務職 女性)

マネジメント職

時間が短いのがいい。習慣にしやすい」(60代 部長職 男性)
「予算問題はある。一度目は通らず二度目に通した。企業のあり方として必ず必要な取り組み」(60代 部長職 男性)
「社員が自主的に運動するのはいいこと。なかなか機会もないので会社が導入してくれてよかった」(60代 部長職 男性)
「ヨガは未開拓。若者に混じって個人的に楽しんでいます」(40代 課長職 男性)
「出張で参加できないことも多いが出張先でも実践している。腰の調子がいい」(50代 部長職 男性)
「(繁忙期にクッキーを一度に一箱食べてしまうことへの回答に対し)クッキーで摂れる栄養を知るという薬膳の手法は新鮮。その日から量を食べなくなった」(50代 部長職 女性)

改善

「翌日筋肉痛になった」(年齢不明 男性)
⬇︎
社員の年齢、バックグラウンドを見直し産業医チームでミーティングを行い種目を改訂しました。以降、同内容のご回答はなくなりました。

「腰が痛くなった」(年齢不明 男性)
⬇︎
アンケートを実施し腰痛保持者の割合を確認。腰は鍛えるのではなくほぐす種目に入れ替えました。以降、同内容のご回答はなくなりました。

「喫煙所に逃げてしまう社員がいる」(保険士の先生からのご意見)
⬇︎
ヨガに抵抗を感じる、恥ずかしいなどの仮説を立て施策を実施し、参加率がアップしました。

無料体験

オンラインで

Zoomを通じて実施します。在宅ワークの方も参加いただけます。(1ヶ月無料)

対面で

講師がオフィスに伺い実施します。マスクの着用をお願いいたします。(1回無料)

近日サービス内容動画が公開します。ぜひご覧ください。

上記サービスへのお問い合わせはこちら(会社名をご記入ください)

ボランティア活動はこちら

の画像
深井みほ子
株式会社Ladle/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員
Search Inside Yourself(SIY)コアプログラム修了
日本漢方養生学協会漢方養生士(初級)
薬事法管理者


目次
閉じる