ラグジュアリー民泊小豆島2泊3日 ¥105,000から 次回募集

薬膳を始めるのに必要な、たった1つのこと。

私が薬膳の学校に通っていたのは、12年前。
ヨガに「内臓」の知識もあった方がいいかなと思って(当時は副業で、週末講師をやっていました)「東洋医学 内臓 スクール」と検索し、たまたまでてきた薬膳の学校に通っていたんです。
「あ、こんなのあるんだ」くらいの、軽い気持ちでした。

ところが、学びだしたらこれが深い。
薬膳とは、食べ方というより医学でした。「これは、続けたら間違いなく身体にいいな」と、直感しました。

その後、うんうん唸りながら中国語の効能名を暗記し、晴れて資格試験に合格しました。
ところが、いざ家で薬膳をやろうとすると、なんだか特別すぎて、日常感がないんですよね。
いやいやそんなことはない、薬膳は普通の食材できることだし、考え方そのものは本当にすばらしいんです。レシピだって、教科書どおり、作ればちゃんと美味しくはなりました。


ただ、体調に合わせて、薬膳料理を作る」という、薬膳の一般的なやり方そのものが、O型で面倒臭がりの私には、まったく続かなかったんですね。がっかりしながらあの手この手で、自分にも続けられそうなやり方を模索しました。

その中で生まれた方法が答え合わせ薬膳でした。すごく気軽な薬膳です。今日はそのやり方についてお話してみました。
「体に良い食事に変えたいけど続かない」という方は、この薬膳なら続くかも?ぜひ参考にしてみてください。

深井みほ子
株式会社Ladle|薬膳ヨガ®︎ 代表
東京都出身 小豆島在住
湘南鎌倉で薬膳とヨガの繋がりを体系化し2009年にスクールを開講しました。現在は瀬戸内海の島に暮らしながら、シンプルで続けやすいセルフケアをオンラインレッスンやリトリートを通じてお伝えしています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる