薬膳ヨガ®︎とは

目次

薬膳ヨガ®︎とは


薬膳ヨガ®︎は、代表の地元鎌倉は稲村ガ崎で、2009年に開校した、
「薬膳」「ヨガ」「瞑想」の 融合スクールです。

昔ながらの、

陰陽論、五行論、自然哲学、食べ合わせ、ツボ


現代社会の、

栄養学、脳科学、自律神経学、免疫学、解剖生理学

医学の東西にこだわらず効果と続けやすさを追求した健康のためのメソッドです。

始めた方の多くが、

習慣になっていたポテトチップスを滅多に食べなくなった

毎日のストレッチが日課になった

寝つきがよくなった、よく眠れるようになった

など、生活スタイルに変化が起きます。
誰もが笑顔になれて、体が軽くなって、仕事、お金、人間関係もいい流れになっていく。
そんな存在であろうと改善を重ねてきました。

代表プロフィール

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mihoko.jpg です

深井みほ子
株式会社Ladle 代表取締役/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会認定薬膳調理指導員
漢方養生指導士初級
SIYコアプログラム修了(米国Google社マインドフルネス研修)
薬事法管理者

東京生まれ横浜育ち。12歳で家族とともに藤沢に移り住む。
OL、WEBデザイナー、離婚を経て体調を崩し、父親のすすめでヨガ指導の道へ。薬膳資格を取得し「薬膳ヨガ」を体系化。ボランティアから活動をスタート。講師の養成、福利厚生、飲食店メニュー監修などを行う。好きな食べ物はバタートースト、生クリーム。趣味はお笑いをみることと、酵素づくり。

誕生ストーリー

薬膳ヨガ®︎代表深井みほ子です!


ここでは私と薬膳とヨガの「出会い」について書いてみたいと思います。

薬膳とヨガは、はじめから合わせていたわけではないんですよ。

当時わたしは離婚をしたばかりで、
消化不良、肌荒れ、婦人科系症状の薬を飲みながら、
体重は37キロまで落ちていた。ひどい状態でした。

それで父にヨガを勧められました。
(こう書くといいお話っぽいですが、
試して○ッテンかなんかの受け売りだそうです、はい)

「ヨガね…動きが少なくて地味なアレね…」

と思ったのに、結果からいうと人生変わってしまったのですね。
なんか体験チケットを駅でもらっちゃったり、
友達から情報がきたり、いろいろスムーズなんですよね、こういうときって。

その体験で俄然体調がよくなって、ヨガってすごいと思ったのですが、
2日もするとまただるくなりました。

でも、次にまたヨガにいったらその場で治るのです。
で、2日もするとまただるくなる。

これを3ヶ月くらい繰り返す中でいつしか、
体重が戻り、痛いところがなくなり、
最終的には、薬を1つも飲まないで
いられるようになりました。
脱・病院、をしたのです。

通院とずーっとつきあっていくつもりだったから
3ヶ月ってすごくない?と思いました。

周りからは、顔のことをよくいわれました。
印象が全然違うと。
心が表情に現れるってそういうことですよね。

それまでは、

お金がある人は幸せ(勝ち組)で、お金がない人は不幸(負け組)
結婚していることが幸せ(勝ち組)で、離婚したら再婚するまで幸せじゃない(負け組)


と、思っていた。
よく考えて、調べて、勉強してそういう結論に達したのでしょうか?
違います。
人の目を恐れながら決めつけていただけです。

私はなぜそんな風に何もかも知ったような気で、
物事の優越を決められていたんだろう?

なぜ自分の中にあるものを楽しもうとしないで、
(旦那さんに)楽しませてもらうのを待ったりしたんだろう?

私は、朝起きるのが楽しみになりました。
元気は自分で創れるとわかって安心したからです。

私は大いに毎日を楽しみました!

この回復以上の変化を見て私は、
「ヨガって治療だな」と一つも大げさにでなく思うようになりました。

そして私は、Webデザイナーとして働く傍ら、
副業として、ヨガ指導の道を志しました。

でもなぜヨガをすると治るんだろう。

インストラクターとして人に指導をするようになると、
そんな疑問がわきました。

頭が痛くてもイライラしていても、ヨガをすると
それが一掃される。

その後の仕事は倍もはかどるし、
人に優しくもなる。

体に何がおきているの?

私は「東洋医学 内臓 スクール」と検索しました。

もうあれこれ調べるより人から話をきこうと思ったのです。
すると薬膳の学校が上がってきたので、通うことにしました。
これが私と薬膳の出会いでした。

そこはお料理学校ではなくて、
食材の話さえなかなかでてこない。

内臓と、自然哲学の話ばかりです。

ヨガで体調が良くなる理由を知るのには、
最高の環境でした。

すべてが言語化され、理屈がわかると
ヨガがもっと楽しくなりました。

胃もたれのときには、腿を伸ばすんです、
目が疲れたら脇ですよ、

という私のガイドは、本来薬膳のための知識で、
そこまで、薬膳とヨガは途中まで理論が
共通なのです。

それを「五行論」という学問の授業の中で
気づかされました。
薬膳とヨガは「五行論」の中で繋がっていると。

そうして、私の日常で、
食と運動の合わせ技がスタートしたのです。

こうして少しづつ「薬膳ヨガ」が形になっていきました。
2008年のことでした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fullsizeoutput_2ff4-758x1024.jpeg です

この図の「春」のところを見ると、

春に「肝臓」が弱る
「花粉症」もそれに関係している
肝機能を改善するのは「セロリや柑橘類」である
肝臓のツボが「脇」にある

など、健康にまつわる知識が書かれていると思います。
クラスでもこのような豆知識をお伝えしています。

メニューは好きなものに置き換えることができます。
焼肉やラーメンやビールにも、食材のあるところに効能があるのです。

薬膳とヨガを習い事ではなく予防医療にする。


これが薬膳ヨガのミッションです。

会社沿革

2008年 藤沢市ボランティア/エステサロン企業提携
2009年 稲村ガ崎クラス/北鎌倉クラス
2010年 海ヨガ/NPO提携イベント
2012年 福利厚生オフィスヨガ企業提携/フレンチレストラン提携/指導者育成/星ヨガ
2013年 株式会社Ladle設立/藤沢市湘南ヘルスツーリズム開始
2014年 メニュー監修
2015年 自社スタジオオープン
2016年 薬膳ヨガ®︎商標登録/ティーチャートレーニング
2017年 薬膳ヨガ®︎マイスター資格試験
2018年 休業(親の介護により)/卒業生有志「SNS部」開設
2019年 薬膳ヨガ®︎カレッジ/京都クラス
2020年 薬膳ヨガ®︎カレッジオンライン版始動
現在に至る

Ladleについて

ビジョン
「健康の歴史を創る」

企業理念
「KEEP CALM AND DO YOGA」
(よいと思うことを心静かに実践する)
※ヨガには「よいと思うことをすぐに実践する」という意味があります。

8つのミッション
「進化」薬膳とヨガを日本を代表する予防医療にします
「養生」西洋・東洋を併せ持つ代替補完医療を実現します
「傾聴」自分にも他人にも立ち止まって向き合います
「肯定」東洋医学の否定のない世界を常識にします
「成長」自分自身がどう在りたいかを日々明確にします
「育成」食とヨガをで不調を治せる人材を育てます
「貢献」あるものすべてを惜しげなく差し出します
「慈悲」奉仕活動を通じて地域の力になります

ミッションのための具体的アクション
整体観念「物事と人を操作しない。自然の流れに身を委ねよ」
陰陽論「万物には二面性がある。俯瞰の目を備えよ」
五行論「1日1つ与え1つ受け取る。エネルギーを動かし循環させよ」
四診「人の話に耳を傾ける。素直な気持ちで知見を深めよ」
経絡「短絡的に運ぼうとしない。本質を見極め舵取りをせよ」
(東洋医学より)

取引先(五十音順)
かながわ信用金庫/株式会社 エイチ・アイ・エス/株式会社 さくら喫茶/株式会社 JTB/株式会社 スチールプランテック/株式会社 ナノスタイル/株式会社 ミクニヨコハマ/渋谷区/社会福祉法人 福寿会/湘南信用金庫/藤沢市/横浜銀行 他

取材
メディア情報
雑誌:「ヨガジャーナル」「和樂」「OZ TRIP」「TRUNK」「Hanako」「じゃらん」他
新聞:「Yahoo!ニュース」「横浜経済新聞」
テレビ:「ズームインサタデー」「ぶらり山さんぽ」「BS Lee Style」「BS LIFE」他
ラジオ:「FM横浜」「レディオ湘南」他

薬膳ヨガ®︎を始めよう

「元気になりたい」・・・セミナー/ワークショップ(赤色の日程)
「理論から学ぶ」・・・カレッジ(緑色の日程)

現在はZoomによるオンラインで開催しています。

ご予約の方に入室情報をお送りいたします。
予約画面にZoomの始め方を載せています。

お仕事のご依頼フォームで(薬膳ヨガ®︎事務局宛)

の画像
深井みほ子
株式会社Ladle/薬膳ヨガ®︎代表
全日本薬膳食医情報協会薬膳調理指導員
Search Inside Yourself(SIY)コアプログラム修了
日本漢方養生学協会漢方養生士(初級)
薬事法管理者


目次
閉じる