薬膳ヨガ®︎yakuzenyoga 湘南鎌倉「薬膳ヨガ」は東洋医学を基礎から学ぶ国内唯一の薬膳とヨガの融合スクール 2009年設立 海ヨガ・鎌倉古民家でのごほうびヨガ・薬膳おやつ教室・未病改善のヨガ 五行論や陰陽に根付いたヨガと食養生をご指導しています 薬膳ヨガ®︎カレッジは養成コース インストラクターを目指す方、自分のために学びたい方が多く通われています 30代40代の女性がメイン 開講エリアは鎌倉・鵠沼・恵比寿・横浜馬車道・京都ほか

京都のクラス

  • HOME »
  • 京都のクラス

秋に京都で講座を開きます!
関西での開催は初めてで私もとても楽しみです。
どうぞふるってお越しください。

3FD42291-1A85-4E0C-854B-4BF9E559C69E

薬膳ヨガ1day体験(お弁当付)

薬膳とヨガをあわせて暮らしに用いるやり方を体験できる
鎌倉で人気の2時間ワークショップです。

<日時>
2019/9/28(土)11:00〜14:00(昼食含)

<場所>
京都府上京区
※ご予約時にアクセスマップが届きます。

<内容>
カウンセリング、座学、体験、瞑想、ヨガなど
※座学と実技のミックスです。

<講座料>
3.000円
※お昼代1,000円別(by entaku)

<持ち物と服装>
筆記用具、動きやすい服装、ヨガマット、飲み水、ハンドタオルなど
※テキストの配布があります。

<申し込み>
ウェブサイトで受付 7月上旬予定

薬膳ヨガ®︎カレッジ京都

こちらは日数を重ねるコースの講座。
薬膳・ヨガ・東洋医学を体系的に学ぶ、
養生実践のための本格的なカリキュラムです。
京都で薬膳ヨガを伝えたい方大歓迎です。

<日時>
2019/9/29(日)時間は近日決定

<場所>
京都府上京区
※ご予約時にアクセスマップが届きます。

<コース料>
このページに掲載 7月上旬予定

<申し込み>
ウェブサイトで受付 7月上旬予定

– – – – – – – – – –
カリキュラム一覧
これらを順序立てて学んでいきます。

(1)中医学(中国の東洋医学)基礎
「整体観念」「五行説」「陰陽」「四診」「経絡」「西洋医学と東洋医学の繋がり」
(2)薬膳ヨガ学
春、梅雨、夏、秋、冬の「五行説」+「五臓と症状」+「食材と効能」+「経絡とヨガポーズ」
(3)経絡ヨガ学
肝(臓)・心(臓)・脾(消化器)・肺・腎(臓)のツボ経絡の位置とヨガでの用い方
(4)薬膳学
「証(症状)・効能(食材)・レシピ(施膳)」「こたえあわせ薬膳の成り立ち」
(5)ヨガの指導法
「五感リード法」「マイドフルネス瞑想リード法」「呼吸リード法」
(6)薬膳の伝え方
「わかりやすいプロット作成法」「ヨガとのペアリング」
(7)混ぜるだけ薬膳キッチン
「薬膳おやつをつくる」「薬膳デリ(おかず)をつくる」 他
– – – – – – – – – –

<持ち物と服装>
A4クリアファイル(20ポケット前後)、筆記用具、動きやすい服装、ヨガマット、飲み水、ハンドタオルなど
※テキストが複数枚あります

ポテトチップスと薬膳のこと

みなさんこんにちは!
薬膳ヨガ代表深井みほ子です。

私はポテトチップスが大好きです。
じゃがいものスナック全般が好きなんですね。
家族の集まり。
友達とのおしゃべり。
明日は休みという夜のDVD。
スナックを食べる時間は幸せの象徴。
味が好きというよりも時間を愛しているのですね。

「薬膳」は体に良いものだけ食べるのだろうという
印象をもたれているかもしれません。
確かに、薬膳を始めたばかりの頃は、
少々ストイックになってもいました。

でも、お正月に兄弟家族で宅配ピザを囲んだときに、
彼らの顔をみて、わたしには食べるものを禁ずる生き方は、
できないなと思いました。
それよりも、食べる幸せを伝えたい。

だから、つかずはなれずで私にもできて、
12年も続けられました。

もちろん、からだや心が求めるものを、
ほっとするものを、その都度吟味して選んで食べることだけを
気をつけています。
それでも、体調は良好だし、不調を感じたら
ヨガで早めに治してしまいます。

ふだんは忘れていて、
しんどくなったときに立ち返る場所。原点。
付かず離れずのゆるやかなライフワーク。
お茶の師範の先生は、
「お茶のおけいこと同じね」
とおっしゃっていました。

その恩恵は決して小さくはありません。
たとえば3年前に、わたしはある手術をしました。

なんとなくざわざわとして検査を受けにいったんですね。
お腹のあたりに違和感があったのです。
すると生まれつき、胆管が太いことがわかり、
すぐに除去しました。

その翌年に、また今度は下腹に虫の知らせがあって
検査をうけ、腸の、小さな手術をしました。

どちらも放っておけば、がんになる可能性があったものでした。
微かな違和感にきづいた私に、家族が神妙な顔できいたものです。
「虫の知らせってどんな感じ?」と。
自分でもなぜ検査までうけたかわかりませんでしたが、
心当たりがあるとすれば、
「体の声を聴く」ことがすでに習慣になっていたということです。

薬膳をはじめても、なつめやクコのみを常食するようなことは
あまりなかったので、
見た目になかなか薬膳をやっているようには
見えない私ですが、
(ポテトチップスも食べていましたしね)
「食べたいものを感じにいく」というくせがついていて、
日に何度も「今を感じてみる」習慣が、
今思うと虫の知らせに繋がったのかもしれません。

食べたいものを感じるとは「無性に」とか「やけに」
食べたいということです。
たとえばこれを書いている今日の朝は、
「グレープフルーツ」を食べたくなって
近所の八百屋さんに買いに行って食べました。

「グレープフルーツ」を食べたい日は若い頃からからよくありました。
だいたい、お酒を飲んだ翌日に食べたくなる。
薬膳的に調べていくと
「グレープフルーツ」には肝臓の働きを助長する
効能があるのでした。

つまり肝臓が弱ると、それを補うかのように
だまっていても「グレープフルーツ」を食べたくなる。
人間の食欲とはよくできたもので、
足りない栄養素があると、これが食べたいあれが食べたいと
騒ぎ出すのです、

そうしたこたえあわせに例外はなく、
おかげで薬膳をはじめて1年もたつ頃には
これが食べたいのはこの体調のせい、
と検討がつくようになりました。

これだけでも便利は便利ですが、
たとえば、目の疲れも肝臓からきていて、それで
「グレープフルーツ」が食べたくなることはあるのですが、
飲み込んだ瞬間、治るわけではない。
(二日酔いならけっこう治るのですが)

それで、ヨガをプラスしてみました。
肝のツボが「脇」にあると習ったので、
「脇にきかせるように」ポーズをやってみたところ
パッと効いたのがわかりました。
(目の前が明るくなり、視界が開けました)
それでヨガをあわせるようになりました。
「解消するヨガ」もあわせるようになったのですね、

体験エピソードをあげだしたらキリがありませんが、
こんなスタートを10年前にきって、いま、
意外なほどにからだと誠実に向き合えている
49歳の私がいます。

何も変える必要はなかったのです。
薬膳はありのままでいることありき、
ファストフードもコンビニ弁当でも、
「食材のあるところに、必ず効能がある」

薬膳は食べたい気持ちをあきらめることはなく、
ヨガを加えれば、即日のセルフケアになります。

決まったやり方があるならそれがいいのです。
まだこれといった養生法がみつからないでいるなら、
ぜひ薬膳ヨガをお試しください。
楽しいですよ!

66C5167B-92B3-44A6-833C-3F3CB1A658B2

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎
「薬膳ヨガ®︎京都」へのご質問

フォームでお気軽にお問い合わせください。

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

クラスも養成コースもこちら!ウェブサイトを見てとお伝え下さい TEL 0466-53-8660 10:00〜18:00(月曜定休)

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
Copyright © 株式会社Ladle(レードル) All Rights Reserved.