IMG_6208

3月のごほうびヨガ、
おやつのレシピです!
手抜きですが、
まんずまんず、おいしいですよ♪

\目が覚める/
「金柑とプルーンの生姜シロップ」(4人分)

金柑 ・・・ 中サイズ 12個
生姜 ・・・ スライス6枚
プルーン ・・・ 4個
水 ・・・ 2カップ ひたひたより多めで
てん菜糖 ・・・80〜100g ←メーカーによります

①お水を火にかけます。
金柑が重ならないお鍋がベスト!

②金柑のへたをとり皮に4本切れ目をいれます。
へたの面を上に向けて、手前から向こうへ包丁を滑らせるように♪

③金柑と生姜と砂糖をいれて10分煮ます。
前半中火。アクをとって、後半弱火で。シロップはキリッと甘く、味が決まるまでお砂糖を足します。一度に飲むのは少しだから全然大丈夫ですよ〜。

④金柑を味見します。
中までシロップがしみていれば出来上がり。皮が厚いときはもう10分煮ることもあります!

⑤火を止めてプルーンを浸します。
冷めると生姜が効いてきます!

おやつでもごはんでも、
一口に含まれる効能が多い方がお得と
考えるわたしは、
金柑は咳止め効果があるから
さらに、
生姜の体を温める
プルーンの貧血対策
を足してみました!

なにこれ、意外とおいしいワ♪

柑橘の皮は、
漢方では肝臓の薬といわれていて
お高いのです。
金柑は皮ごとたべられて
お手頃価格だから
肝臓がよわっているときオススメです!

とはいえ、今日わたし肝臓がよわってるなー
とかはあまり思わないですよね。
でも、肝臓のサインは
わりとわかりやすくて、

いつもの量なのに二日酔いだ、目がつらい、白目が赤い、肩こりひどい、睡眠不足がつらい、目覚めが悪い、朝眠い、あれこれやりたいけど体がだるい

みたいな感じがまさにそれ🙌
春先、これけっこうあると思うんですよね。

肝臓はそもそも生暖かい血の塊だから
外気のあたたかくなる春は、
気血が上がって、
肩から上がカッカするような
これらの症状がでやすいんです😅

もやっとしたら
効能の滲み出たシロップもぜひ、
飲んでくださいね!

ごほうびヨガでお出ししたところ
原液でもイケる派が半数、
お湯割り派が半数で、
わたしはお湯割り派です!

おとといから、
おきぬけ一杯やっていますが、
わたしは目が醒める感じがありますよー。

ゆうべのお酒残っちゃったなー(*^o^*)テヘ
の朝にはとくに感動的な効果を
感じます🙌

春ならではのレシピなので、
金柑のあるうちに作ってくださいね〜。

IMG_6223