きちんと不調を改善したいので、
薬膳ヨガのヨガクラスでは
ツボとツボを結ぶ経絡のラインに、
確実に刺激がいくようにしています。

それには、腕や脚の「置き場所」が
とても大事なのですが、
キリキリと、力づくでどうこうしても
限界があるし、つらいでしょ?

それで、「1つ手前に1アクション仕込む」
ことをしています。

たとえば「後ろで手をつないで前屈する」という↓こんなポーズをするときには、

fullsizeoutput_314d

↓(あ、肩甲骨を寄せておくと腕が伸びやすいんだ)

fullsizeoutput_3149

↓(あらかじめそうすればいいんだな)

fullsizeoutput_314b

↓(あ、腰を後ろにひいておくと上半身が倒れやすい)

fullsizeoutput_314a

↓(おでこが下がると自然にグーも上がってく)

fullsizeoutput_314c

「伸ばす」ではなく「伸びる」
「倒す」ではなく「倒れる」

どれだけ出来た?の過去よりも、
結果そうなるために何をしようかの
未来をみる。

そう、1つ手前に1アクション仕込むのは、
ダメ出しをしないヨガのやり方です。

ポーズがうまく出来ないときに
やってみてくださいね。

ブログ記事一覧はこちら