image

今週は「薬膳フレンチ講座」がありました!
もう数えていないのですが20回目くらい…で、すかね!?

薬膳フレンチは、その日のコース料理がお勉強の題材。つかわれる食材をテキストに載せてお伝えしますが、その効能は、TT生がすべてリサーチしています。

効能のリサーチは人柄がでる。薬膳大好きっ子ならではのこだわりもでます。今回もまた、人情あふれるテキストが生まれました。
メンバーのみなさんありがとう、そして、お疲れさまでした!

そして、何度も打ち合わせして生まれたお料理。こちらは難波シェフ夫妻の、人柄もこだわりも技術も愛情も、すべてがあふれます。写真の、いわしとトマトの前菜ひとつとっても、たくさんのアイデアと手間がかかってる。

初参加の方に、薬膳っておもしろいじゃあんって思ってもらえていたらいいな。常連さんにも、やっぱコレだよね!って思ってもらえていたらいいな〜。
ご参加のみなさまも、ありがとうございます!

さて、薬膳フレンチ講座は、外食でも薬膳できるよ!ということを、知ってもらいたくてはじめたとりくみです。

薬膳は無形のものだから、伝えるときには、なにかすご〜くおいしいモノに、ルールも理念もすべて映し出してもらうんです。伝えるだけならわたし一人でもできるけど、喜んでもらおうと思うとこれはね。わたし一人ではどうしたって、できないんです。

その「伝える」ということについて、アニメーション映画の細田守監督が、こんなことを言っていて、

作品づくりを全うできるかどうかは、
「これをお客さんに魅せて喜んでもらうんだ」という気持ちがあればこそ。
作家的な内的必然だけでは、続かない。

思わずハッ!と息を飲みました。

これ、「作品」を「講座」に置き換えたら私みたいだと。伝える立場にいる人みんなに、これは当てはまるんじゃないかと。

何かを誰かに伝える人なら、きっと誰でもそうだと思うのですが、事前に準備をします。多かれ少なかれ。

たとえば「薬膳」について講義をするなら、薬膳について話せるよう、全体を把握し、当日、表にだせるように形にしますよね!やってもやっても足りない気がして、徹夜したりしてね。

そんな、あひるが水面下で水かきを忙しく動かすような想いが、誠実さとして講座の中で届くなら嬉しいし、それも講座づくりには大事な要素なんだと思います。

だけど、それに気をくばるあまりに見失いたくないものが、1つだけあります。それは受け取り手の笑顔。それもただの笑顔じゃなく、心からのやつ。

これはわたしのごく個人的な経験ですが、8年前、まだヨガ講師、薬膳講師としても駆け出しのころ、稲村ヶ崎の古民家でクラスを開いていました。

20代からずっとOLをしていて、「自分でクラスを開く」ということの、右も左もわからないまま、いつのまにか走りだしてしまっていたわたしは、「来る人はみんな私ごときの、何処の馬の骨ともわからない人間のところに、お金と時間をつかってきてくれてるんだ」と思っていました。

だから、首尾よく100%アウトプットすることに、当日のエネルギーを全ー部、使い果たしていました。

そして、帰り道に虚しくなりました。何をしたでもなくクタクタで、段取りどおりできればできるほどからっぽになって、座っていたのか立っていたのか、帰りの江ノ電の記憶って、当時ほとんどありません。

そうしながらだんだんに、
「自分が満足してもらうためにがんばっちゃうと虚しくなるんだ」
ということがわかってきました。きっちりやることより、相手が満足してくれているかどうかをみるほうが、いいみたいだと。

それでも、すぐには切り替えられませんでした。

行ってみてお顔をみて、おしゃべりしながら、柳の枝のようにそれにまかせるということは、用意してきた一切を手放すこととイコールだったのです、当時の私にとって。

だから、わかっていてもつい用意してきたものをすべて出し切ってしまう、という日々が続きました。

すべて出し切り、残らない。ちゃんとやって、残らない・・・。アホみたいに1年も繰り返したでしょうか。いつのまにかわたしは「これとこれをこの順番でやる」ということを、前もって決めなくなっていました。

すると、わたしの中にあるものが出てくるようになりました。思いがけない話をしたり、冷や汗もかくけれど、そこにいる人たちと心を通わせることができました。

帰り道も、お互いに心を通わせた、お互いに居心地がよかった、という、あったかい温もりだけが胸の中に残るようになりました。

「あー楽しかった!!」 「また来たい!!」と言ってもらえることは、自分が、あー楽しかったまたやりたい!と思うことに繋がっていきます。

クラス運営をするのに大変なところと言われる、告知や集客が、苦にならないというところにもきっと、自然に繋がっていってるんじゃないかなと思います。

とはいえ!
今でもうっかり段取りありきになって、トボトボ虚しい帰り道、あります。あー今日はやっちゃったなー、明日はお顔をみよう、一緒にたくさん笑おう!って思います。

これをお客さんに魅せて喜んでもらうんだ。
でないと、自分が続かない。

監督、映画界の第一線で活躍するあなたも同じ思いをしているんですね!?
細田守作品を、俄然、みてみたくなりました。