IMG_3303

ある日、南瓜の煮たのを
お茶碗に山盛りたべたくなって、
にはじめたら今度は、
湯気の匂いで人参もたべたくなって、
一緒に煮っころがし。

甘〜い甘い、優しい煮物。
汁気のところは
ポタージュみたいに掬って。
立ったままアツアツを
お茶碗いっぱい食べました。

パワー使った日だったからなー。

南瓜のもつ、
たくさんのたくさんの栄養。

その中の、わたしはたぶん「補気」
体力と気力をつけるところを
好んだのだと思います。

はたまた、消化にちからを
使いたくなかったのも、
たしかだと思う。

余力なんて残っていなかった感じで、
だけど食物をおかゆ状にするのは
ものすごい筋力と血液をつかうから、
きっと「健脾」。
消化を促す人参なら食べられるような
気がしたんだろうな。

いやいや人参の血を作るところかもよ?
いやいや暑さをとりのぞくところかもよ?
いやいや…
と、ツラツラ薬膳分析をしながら
眠りました。フフフ…