(↓本文を書きました)

ほぼ毎日カフェで仕事をしています。
特に深い意味はなくその方がはかどるからです。

世の中には出かけた先でやるほうがはかどる「おでかけ型」の人と、でやるほうがはかどる「ひきこもり型」の人にわかれるらしいんですよね。

この理由を、以前心理学か何かの本で読んだのですが、「完璧主義の人ほど、外のほうがはかどる」という説があるとのことでした。

完璧主義の人は、家にいるとあれもこれもやらなきゃと気が散る、でも外では何が耳や目に入っても自分に関係がないから落ち着いて作業ができる、という心理だそうです。

しかしこれ、どうなんだろうなあ?まあ一理あるにはあるでしょう。

でもじゃあ私が完璧主義かといったらそんなことはないんです。元々「8割できたら良しとする」が信条だし、部屋がそこまで片付いてなくてもまあくつろげるし。

一方で、ライターをしている友人は一歩も出ずに執筆しているけど部屋きれいだし、仕事も完璧主義です。

性格だけで括るのは、ちょっと無理があるのではないかなあ。

心理学の先生には申し訳ないけれど、私はこれ「無意識の欲」が関係しているのでは?とにらんでいます。

仕事を外で行いたい、本質的な理由があるんじゃないの?外にいるから手に入ると本能的に知っている何かがあるのを知っているっていうか。

それは自分では気づいていない深層心理レベルでの必須アイテムで、「おでかけ型」の人はそれを、無意識に渇望しているのではないかと。

それでいくと、私が外に出たほうが仕事に集中できる理由はおそらく、生クリームです。

生クリームって、同じおやつ的なもの、クッキーやチョコみたいなものと何が違うかというと「買い置きがない」んですね。

ナマモノなせいか、食べたいそのときでない限り買わない。「一応買っておくかな?」ってロールケーキを買って帰るなどはまずしませんからね。

だけど他の甘いものと同じで、食べたいとなったらどうしても食べたいわけです。でも、家にはない。

その点カフェには、生クリームのケーキらしきものがいつもあります。

私がよく行くスタバなんか、生クリームを30円で添えてくれる(おやつを買わなくてコーヒーにのせてくれる)というすばらしいサービスがあります。

スタバではなくて、メニューに生クリームがなくても、外にいさえすればなんとか生クリームにありつける可能性が高いじゃありませんか。

家にいたらそうはいきません。

ちなみに生クリームの欲には、薬膳的に「潤おしたい」という本能が隠れています。

喉がいがいがしたり、大腸の乾燥で便秘気味なときにも欲するものの代表なんですよね。
秋の薬膳なんですね。

ということで、今日も生クリーム欲を秋のせいにしながらカフェでこれを書いています。

秋は生クリームがおいしいね。