(↓本文を書きました)

ほぼ毎日カフェで仕事をしています。
特に深い意味はなくその方がはかどるからなのですが、世の中には出かけた先でやるほうがはかどる「おでかけ型」の人と、家でこもってやるほうがはかどる「ひきこもり型」の人にわかれるらしいんですよね。

この理由を、以前心理学か何かの本で読んだのですが、「完璧主義の人ほど、外のほうがはかどる」という説があるそう。

完璧主義の人は、家にいるとあれもこれも今日やらなきゃならないと気が散るらしく、でも外に出てしまえば何が耳や目に入っても自分に関係がないから落ち着いて作業ができる、という心理だそうです。

これ、どうなんだろうなあ。まあ一理あるにはあるでしょうけど、じゃあ私が完璧主義かといったらそんなことはないんですよねえ。もともと「8割できたら良しとする」が信条だし、部屋なんてそこまで片付いてなくても全然くつろげるし。典型的な「ひきこもり型」のライターの友人は、一歩も出ずに執筆しているけど、部屋きれいだし。性格で括るのは、ちょっと無理があるのではないかなあ。

心理学の先生には申し訳ないけれど、私はこれ「無意識の欲」が関係しているのでは?とにらんでいます。仕事を外で行いたい、本質的な理由。外にいるから手に入ると本能的に知っている何か。それは自分でも気づいていない深層心理レベルでの必須アイテムで、「おでかけ型」の人はそれを、無意識に渇望しているのではないかと。

それでいくと私の理由はおそらく、生クリームです。

生クリームのケーキって、他の甘いもの、クッキーやチョコみたいなものと何が違うかというと「突発的に思い出す」ところが違うんですね。そして思い出した瞬間ワクワクっとする。たまらなく。

とはいえ、家に買い置きがまずないんですよ。ナマモノなせいか、食べたいそのときでない限り買わないし「一応買っておくかな?」ってロールケーキを買って帰るなどはまずしません。そう、生クリームほど急に買うものもないし、食べたいとなったら止められないものもないわけです。

その点カフェには、生クリームのケーキらしきものがいつもあります。

私のよく行くスタバなんか、生クリームを30円で添えてくれる(おやつを買わなくてコーヒーにのせてくれる)というすばらしいサービスがあります。仮にメニューに生クリームがなくても、外にいさえすれば仕事を中断しなくても、思い出した次の瞬間にはもう生クリームにありつけます。。家じゃそうはいきません。

生クリームの欲は、「潤いたい」という本能です。喉がいがいがしたり便秘気味なときに欲するものの代表で、バターもチーズもアイスもホワイトソースも、乳製品はみんな秋の薬膳なんですね。

ということで、今日もカフェでお仕事しています、生クリーム欲を秋のせいにしながらね。