IMG_5614

ミモザの贈り物!
あざかやな春が、ごほうびヨガをしているときに届いたんです。嬉しかったな〜。

ミモザってなんともいえない甘い香りがしますよね、
生きてるという感じ。女性的で、力強い生命力をイメージさせるこの香りがわたしは大好き。みなさんは何のお花の香りが好きですか?

さて、立春をすぎて一週間。今日はTT(ティーチャーズトレーニングコース)の19期の初日でした!

4人のコース生が集い、中医学を学びました。陰陽や五行のように耳慣れた言葉ではないかもしれないけれど、中医学の基本理念、知る人ぞ知る「整体観念」です。

初めて「整体観念」に出会った日、「ああそういうことかあ」と膝を打ちました。それまでに起きたいろいろな出来事に、説明がついた記念すべき日でした。

それから、運という言葉が心にしっくりこなくなりました。運のいい日と悪い日があるわけではなく、「運のいい日になる選択」を、している日としていない日があるだけだったのか、と、ストンと思いました。

以前、わたしのちよっとしたピンチのときに、こんなことを言った友人がいました。

「あなたにはもっと運命論者になってほしい。人がこう変わったら好きとか、状況がこうなったら幸せとかじゃなくて、なるようになるんだと考えてほしい。」

今思えば、整体観念はまさにこのことです。

自然界は私たちがうまれる何千年も前からあるもので、私たちは自然界に生息する生命の一つですよね。私たちにはわからなくても、実はそれがベストだということって、意外とたくさんあるんだと思うのです。

自分の経験で判断することも、もちろんあっていい。そこから得られるものもたくさんありますよね。ただ、どんなに努力しても前に進めないときがきたら、それは整体観念のタイミング。思い切って流れにまかせてみたら?と、中医学は、その勇気をもたせてくれます。

わたしはこれを完ぺきにやってます、と書きたいけど、ま、週5日は忘れていますかね〜。大切なことに限って、流れに任せるどころか直線コースで一気にゴールに近づこうとしては、ゴールできなかったりします。

だから途中からでも思いだして、風のふく方向を確認してみるんです。そんなときは、だいたいなにかいい形に着地します。思いがけず、夢が叶っちゃったりするときもあったんですよ。夢が叶ったときって大体、流れにまかせていたときなんですよね〜。

それを自然の摂理になぞらえて、言葉で説明しているのが、中医学の「整体観念」なのです。

中医学とはこうして、ときにとても精神性の高いものです。紐解いてみたら、心地よく生きるための知恵がいっぱい詰まっていたりして。だから、そんな中医学にできるだけ忠実な薬膳が薬膳ヨガの薬膳でありたいなと思うし、ヨガも同じくなんですよ!

薬膳ヨガティーチャーズトレーニングのカリキュラム、ぜひ足をお運びくださいね。
19期のみなさん、今日から新しくよろしくお願いしまーす!

「薬膳ヨガティーチャートレーニング」募集要項はこちら!