9D2CEA64-AC9F-4A46-90D0-59EE4581869A

※5/12 後半書き足しました
今日「チェアヨガ」のコースがあるのですが、内容を整理してたので、アドレナリンとオキシトシンのホルモンのことで頭がいっぱいなんです。
その頭で今朝ブログを読み返したら…補足せずにはいられなくなりました。
脳も体もほんと、優しいんですよね。

↓本文

いまお風呂に入って
ハーブティをいれてきました。
窓を開けたら星がキラキラ。
最近、夜空がきれいですね。

写真は昨夜の月なんだけど、
クッキリとした細い月でした。
もやもやした雲に囲まれて
光っていました。
輝く、とか、光る、って
こういう現象のことなんだろうなぁ。

今を感じる、感じにいく、
のような時間をとると、
心がほっと落ち着きます。

今の中に、いくつも
一瞬のきらめきみたいなもの、
気持ちいい光とか風のような、
刹那な瞬間があるんです。

それは、追いかけなくていい、
味わうだけでよい、幸せです。
幸せって追うものではないんです。

今を感じてみないからといって
何か変わっちゃうわけじゃないけど、
感じにいかないから
毎日が変わらないともいえると思う。

今を感じて、それから次。

そのリズムで暮らしていると、
ゆとりができて、
いろんな幸せが目について、
いいことを思いついて、
人に優しくいられて、
いろいろ良いんですよね。

食べることも同じです。

今の、たべたい、に一旦アクセスすると
良いホルモンが出て、心身が変わる。

実際にたべなくてもいいんですよ。

たべたい気持ちを感じると
食道とか胃とか、食べ物が通る場所に
意識を向けることになるから、
内臓はとても安心するんです。

内臓ってホルモンの支配下にあってね、
各々私たちの思考の下で
できる範囲のことをしているんです。

私が手を挙げても、
内臓は手を挙げないけどね、
私が「やだなぁ」と思ったら、
内臓は動きを止めざるを得ない。
非常事態なら命を守らないとならないからです。

別人格だと思ってもいいと思います。
かれらも生き物だから、
私たちが、非常事態じゃない感じ、
たべたいもの食べていいモードでいると、
体の中でほっとしたり、安心したり、
ほんとにするんですよ!

それを食べられなくていい。
声を聴くことが、いいんです。

今日は薬膳ヨガカレッジのコースで
ずっとそんな話をしていました。
一番伝えたいことを伝えられて
今日も幸せ全開!

さーて寝ますよ(-_-)zzz