IMG_8102

昨日はティーチャートレーニング20期生、きなり先生 のお勤め先におじゃましました😊

ご自身の勤める会社で、「オフィスヨガ・インストラクター」として活躍中のきなり先生。

去年の8月から、1日も欠かさず、任意で集まる社員さんたちに、15分間のヨガと瞑想をご指導しています。

会社の名刺にも「オフィスヨガインストラクター」と肩書きが印刷されていました。(それは聞いていなかったので、これにはちょっと泣きそうに!)

会社から表彰もされてもいます✨

見た目が可愛らしい方なので初々しいレッスンを想像していたら、テンポよく、緩急を持たせ、相手の集中を途切らせないリード。貫禄すら漂っていてまた涙😭

最近リニューアルしたばかりのオーガニックなオフィスは、高い天窓から注ぐ自然光、漆喰の壁、ウッドブラインド、おもてなしのお茶はルイボスティー…と、まるでヨガスタジオのよう。うっとり。

こちら横浜市の大手社労士法人さんなのですが、代表の方の健康第一の想いがあふれていました。

経営者の健康へのこだわりが、
社員の笑顔や満足に繋がる。

ヨガの指導スキルをもつみなさん、ご自身の会社でヨガをオフィスヨガを始めましょう!😄

…と、ここまでは
Instagramからの抜粋でしたが、
このブログでは
やらないことを決めることの
大事さについて思うことを
書こうと思います。

自分の中に「やりたいこと」が出来ると
「やらなくてはならないこと」が生まれます。

まあやりたいことに関することだから
楽しくできちゃうのですが、
体力の限界もあるし、睡眠も確保したいから
タスクが増えてきたら定期的に、
やらないことを決めるんです。

この間いつものように
やらないこと会議をやりながら、
これって衣替えに似ているなと思いました。

今着ない服は奥にしまうみたいに、
今してないことは優先順位を下げる。
ひとつ何かをやろうと決めたら
ひとつやらないことを決めるのです。

やらないことをやめるって、
ほっとくと全然していないんです。
これが体にも心にもよくない。

着ない服を大事にとっておいても
クローゼットがあふれて
着たい服のスペースがなくなるように、

やらない仕事を大事にとっておいても
心身のキャパがあふれて
やりたいことの入るスペースがなくなる。

やらないことを決めるのは
意識してやる必要があります。

衣替えと同じ。
季節とか月とかで、
オートマティカリーにやるのが理想です。

わたしは休みの日に
5分くらい、やめること会議をします。

この訪問もやらないことを決めて、
やりたいことリストの中に残り、
実現しました。

やりたいことのリストアップは、
やらないことのリストアップの後。

私にしては長く続いているマイルールです😊