IMG_2195

🍋マークは
「東洋医学の自然哲学」のお話です。
私が薬膳とヨガを学ぶ中で知った
自然哲学の、体験エピソードと
その理論をご紹介しています。
私これが大好きで!
ぜひぜひ読んでくださいね!

〜〜〜〜〜

※加筆訂正しました

好きを選ぶ。
逆にいったら、嫌いを選ばない。

一見、当たり前のことのように思えます。
でも、ひとは意外とそうしないんですよね。
止むを得ずとか、致し方なくとか
誰かのためにとかで、どうするかを
決めている。

優しい人ほどそうです。

でも、好きを選ぶことは、
自分だけの得になるわけではない。
むしろ周りのためじゃないかな?

先日書いた通り、私は今週、
農園とブックカフェに行きましたが、

寝たきりの父の退屈や痛みを思ったら
断ることはできました。
介護が始まった頃はこういうお出かけ、
できなかった。

でも、今は自分で選びます。

農園もブックカフェも
誘われていい感じがしたからいきました。

結果、ハッピー炸裂で帰ってきて
父と朗らかに話し、そばで本を読んだり。
仕事も、大きな正念場を
自信をもってやれました!

好きを選んだあとは
周りのひとの得になるように
動くゆとりがあるんですね。

わたしは、ずっと、
それは偶然だと思っていました。

でも東洋医学で理論での説明をみて、
嬉しかったなー。
そういうことねみたいな感じ!

自然界の法則には誰も逆らえない。
だから誰でもその恩恵を受けられます。

それがよくわかった今は、
状況にかかわらず毎日これ↓

好きを毎分選んでいこう!

たまに忘れてるんだけど(笑)
できてるときはまずいい調子ですよー。

好きなことを仕事にしていていいね
楽観的でいいね

と言われるけれど、とんでもない!

あわない仕事してズル休みとかしてた
年月は12年もありました。
薬膳ヨガはまだ9年です。

「好き」はものすごいアンテナを持っているから、
そして、がんばらないほうがアンテナはたつから、
がんばらないでみて損はありません。

人間は1日に6万回も選択をしているそうだから、
寝ている時間が8時間として、

起きているとき毎分好きを選んだら、
960回、好きを選ぶことになりますね。←違う笑
1分間に62回!
好きを選ぶことになるんだわー。

みなさんは今日何回好きを選びますか?

数えるのめんどくさいから(笑)
好き、毎分選ぼ?

🍋東洋医学のお話
<整体観念>
(せいたいかんねん)

自然の流れは脳でははかれないので
でも自然界は人間も包み込んでいるので、
自然の流れにまかせるのが一番強い。

これが、2つある整体観念の理念の一つ。

東洋医学はこよ整体観念が
いかなるときもベースですから、

「好き」

は、まんまその人に効くものと捉えます。たとえば、

気持ちが向かない
おいしく感じない
気持ちよくない

ことは、

タイミングが違う
内容が違う
その流れじゃない

※以前の記事「自然淘汰の法則」参照

そこでムリをしても
治療の効果もなにもないので、
ごり押しをせず合うものを探り、
それではじめて体調は好転します。

この自然界の法則が
生きる知恵としても使えます。

6万回カウントしたことはないけれど、
迷ったときに、好きな方を選んだときは
必ずいい結果がまっていましたよ😊