note」っていう
コラムやエッセイがテーマ別に読めるサイトを
本がないときよく読んでます。

きっかけは「嫌われる勇気」
出版されたときすごく売れたでしょ?
それで著者の古賀史健さんに興味がわいて
検索したらnoteの日記、でてきたんですね。

古賀さんは当時から今も
毎日日記をかいていて
とにかく文章がうまい。

プロだからあたりまえだけど
作家じゃなく当時、編集者として
その本を出してたんですよねー

それにもすごく興味がわいたし、
古賀さん以外にも私はたくさんの
ファンがあの中にいます。
noteって文章の上手い人の広場なんです。

読書以外の使い方は「表現」の検索です。

わたし今これについてこう思ってるけど
それって他の人何て表現してるだろ
って思って探すと、
きれいな表現に出会える。スパーンと。

そういうとき人ってすごいなって感動します。
言葉って無限だなって思う。

あんまりいい文章だと
連絡しちゃったりします。
SNS文明のおかげで、
全然知り合いようのない人と
出会うことが楽になりました。

だっていまinstagramならDMで
Facebookならメッセンジャーで
芸能人にもメッセージできる時代でしょ?

私は文章が好きだから、
noteの出会いが好きです。

その人の文章が好きだから
素直にリスペクトできるし。

文章つながりで出会うと
好きな雑誌が同じだったりする。
おもしろいよねー。

でもま、それ以外は
SNSは目にも脳にもアレだから
ナシの暮らしをいつかアリにしたいわ。
(でもやっぱり要るってなって
昼休み20分、夜30分限定にしました。
暫定措置ですが、だいぶ楽に)

↓卵を潰して食べたいとき、ありますよねー

fullsizeoutput_33a9

>>>ブログ記事一覧はこちら