2018年、あけましておめでとうございます!

今まだ年が明けて30分です。
父が年越しそばを食べたので
嬉しくて書いてます!
数本のおそばを、
蕎麦猪口の半分のおつゆでですが、
うまい!と一気にたべましたーー!

こんなに軽い気持ちになったの
いつぶりかなあ。はあ。

昨日の海ヨガ帰りに、
みほこに作ってもらって食べる
っていってるよーと、
弟からLINEがとどいたんです。

もしかしたら食べたいかもと
かつお節と醤油と、
お砂糖の残チェックは
していたのですが、
いやまてよ、
父は出来合いの味を好むから(笑)
ここはからだに優しいとかより
父好みにしてみるか、
と、市販品を買って帰りました。
よかった、そうして(笑)
(添加物ぬきにしたくて
たかーいそばつゆなのは内緒)

父は今、
食道が塞がってしまっていて
胃まで何も通らない。
口からいれたものは
食道で渋滞しちゃうので、
飲んだら自分から出すしかない。
水でもそうです。

でも、天ぷらそばの夢をみたときいて
一応、天かすも買いました。
おそばも、はじめは
やわやわにゆできったのですが、
喉越しがなくちゃおいしくないし、
硬いけど思い切って
普通にゆで直しました。

天かすって!
父が油が受け付けられるかなんて、
未開の地だったし、
油が、そばが、
もし詰まったらと思うと
ドクターの緊急連絡先を
用意しながら茹でたんですよー。
どちらも大丈夫で、よかったあ〜。

父にとって、
久しぶりの麺の喉越しは、
かつおとお醤油の濃い味は、
天かすの香りは、
どんなにおいしかったか。

病気が発覚したとき、
ないたら、
親父の前で泣くの今後禁止ねー
と弟にばっさりいわれ、
以来、魔法がかかったみたいに
泣かなかったんですが、
お父さん食べるところ、
久しぶりにみたよおー、もー!
と、久しぶりに泣きました。

わたしも同じ蕎麦猪口そばを
たべました。
一緒にたべたごはんは
秋の秋刀魚以来だなあ。

たべ終わって、
ゆく年くる年をみて
なんだ川崎大師も空いてるなあとか
呑気にしてる父の横で、
食べたよ〜〜お蕎麦!
と、LINEをしたら、
ゴーンと鐘がなり、
やるなw
明けましておめでとう
と、返事がきて、
一番喜んでいるのは弟だと思いました。

毎年、大祓のあとは
年明けすぐとかに、
思いがけない良いことがあります。
それは毎年そうなんだけど、
今年は凄かったな〜。

ハッピーニューイヤー!!