IMG_4108

今日は父の定期的な通院の日で、
これは弟がつきそうことになっていて
今朝はやくに男同士で出ていきました。

残された長女は、
家事をバリバリやりました。
いやねー、日曜の癒しフェスタが
雨らしいでしょう?
半年間みんながお天気を願っていた
この日にあえての、た、台風?
こういうときってなーんかあるんですよねー?
いいことです。パッと開けるような。
なにがあるんだろーと思うと
じっとしていられなくて…
(バリバリバリバリ)←家事の音

さて、掃除機と拭き掃除をおえ、
一休みしようと開いた本に、

「良い仕事をすること」

と書かれていました。

良い仕事。
わたしのイメージでいうと、
高い空を仰ぎたくなるような、
こころから胸を張れるような仕事。
良い行いが連なってゴールする仕事。
ああ、いいなあ…。

たまに、やりたいことなのに、
やり方を迷っていて、
なかなか進まないことがあります。

でもたぶんそんなとき私は、
それが胸を張れるようなことだと
思えていないのです。

ありがとう、人生ありがとう!!
と、高い空を仰いで叫びたくなるような
仕事をしていきたいな〜〜あ。

良い仕事をする
の一文をみて、わたしにとって
それは絶対だとおもいました。

今も、決めかけていたやり方に
憂鬱になっていたのです。
会う人ごとに
こんなことやろうとしています
と話しても
自分のしていることのような
気がしないしねー。
周りもピンとこないみたいでしたが、

胸を張って、やります!と
言えない類のことだった。
だから、はじめられなかったんですね!

なら、やらない。
急に答えが出ました。

胸を張れますか?
いいかもしれないな〜。

洗濯物が乾いたので、
2回戦目を干しちゃいまーす。