父がいなくなって寂しいのは
もう仕方ない。やるしかない。
ひきかえに自分の時間は増えた。
なのに何をしたいのか
わからなくなっちゃっていて
途方にくれたって話を
以前、書きました。

夢みることは、普段は
私を元気にしてくれるんだけど、
あんまりやりたくならなかったんですよね。
たまにやっても、
心がちっとも浮き立たなかったんです。

でも、未来を夢みるより
大事なことってあるんですよ。

その頃こんなメモをブログに書きました。

http://yakuzenyoga.com/daily/今あるものをみるのが先

今日誰かがくれた励ましは、受け取らなければもらわなかったのと同じ。
明日ももらえるとは限らないし、もう一度欲しいと思っても明日はもうない。

夢をみるより大事なこと。
それは、今あるものを喜ぶことです。

喜んだ日は、今ある当たり前が
急に存在感をはなつ。

喜ばなかった日は、あるはずの幸せが、
存在してないことになる。

当たり前を喜ぶのか?喜ばないのか?
どちらを選ぶかで、
人生大きく分かれそうじゃない?

まあその時はたぶん些細な差なんです。
大したことなく見えるんです。
でもその1ミリの差が、
そのまま進んだ先の10年後には、
大きな大きな違いになっているはずです。

そもそも、夢や目標って、
立ち止まって感謝することの上にしか
叶わないんじゃないかな?

社会って感謝で回っていますよね。
夢は、その社会の中で叶うんです。

社会というのは
周りとの繋がりだったり、
今までやってきたことだったりで、
人によって違うけれど
そういう全部がふっと繋がったとき、
思いが形になるんだと思うんです。

感謝するなんて
時間にしたら3秒です。
それくらいのことできない私に、
一体何ができる?
と、思うんですよね。

だから、
今日は感謝の時間とれなかったって、
簡単にはいいたくない。

ないものを嘆かないってのはえー、
正直難しいんですけれども(←たまにやる人)

今あるものを喜ぶことはよくしてます!
ありがとうーありがとうーって
一人でも言うし、
外で言えない時も手を止めて
あー嬉しいなーと
うっとり浸りにいったりします。

嬉しがることと感謝は、毎日する。
その時間は、毎日とる。

自分との約束です。

↓今月の満月(このあいだの月曜)
ないものを嘆いて
家族に八つ当たりしました←全然やってる
満月の夜って人間一言多くなるんですって。
みなさんは大丈夫でした?

0937938E-A398-424B-81F1-F83704B188F8