DBE44817-4AD5-4445-960D-08E859EABDD0

ちょっと気になることがあったので
追記しました!

父の植えた梅が咲きました。かわいい。
今日は旧暦のお正月ですね。

午前中は長谷でヨガクラスをしました。
60分を少しオーバーして
やりたかった色々なポーズをやり、
じっくりとした、いいヨガでした。

午後は会社のお仕事をしました。
気が良い感じに運んでいます。

そう、今日から年がかわり、
新しい運気、気の運びが始まっています。

でもこの「運気」ってなんでしょうね?
そもそも「気」ってなんでしょうか?

血の通り道はレントゲンに写るけど、
気の通り道はレントゲンには写らない。

「気」とは、目に見えない、
とらえどころがないものです。

でもその目に見えなさのおかげで、
気は、行動で見えることがあります。

最近のわたしの話ですが、
わたしの仕事は、

形にする・・・頭の中のアイデアを目で見て手にとれるものにする

作業がとても大事で、
これをやれる毎日かやれない毎日かで、
仕事の質も、結果も、まるで違います。

もう一つ、

それを外に出す・・・ネット上に公開したりデータにして誰かに送ったりする

作業も本当に本当に大事で、
ここまでをやりきれるか、やりきれないかで、
アイデアが私一人で終わるのか、
社会に繋がるかが、決まってしまいます。

まあ、ほとんどのアイデアが
外に出ずに眠ってはいますが
そのストックがあるからこそ
なにかのときにパッと思い出して
使えたりするので、
決してむだにはならないけれど、

だけど!

形にする、外に出す の頻度が
高いに越したことはないんです。

その作業に夢中になれる時間が
多ければ多いほど、
社会に繋がる活動ができるんですよね。

でもその、形にする、外に出すは
捗るときと、
うまくいかないときがあります。
またそれがしばらく続くのよねー。

あ、今日もこの作業捗ってるな!
あ、今日もこの作業うまくいかないな…

みたいに、
何度か同じような場面を味わいます。

私はそれが「運気」だと思っています。

「運気」は
嬉しいことでも歓迎しないことでも
捉えて、乗れば、
最終的に自分の味方になっていきます。

だから、捗っていることは、
明日もあさっても
気がすむまでやるようにして、
うまくいかないことは、
一旦、やめることにしています。

※追記
やめる というのは 諦める ではなく、
やることとして残しておきつつ
少し離れるということですね。
期限があるなら期限を切って、
それまで他のことをしながらも、
そのことはちらつかせるような感じです。
そしたら別の方法や、工夫や、
アイデアがみえてきます。
ただ離れたら途中で投げ出したみたいに
見えるからご注意!←やったことある人

捗る、うまくいかない は
良いか、悪いか、ではなく、
従うか、逆らうか の使い分け。
流れは変えようとしないでいいの。

ちなみに、体のしくみからみても
これはつくづくそのとおり。

体内で「気」といったら
血を運ぶ仕事をしているもので、

「気力がわかない」っていうのは
気が動いていないことで、
体の反応も、

筋肉に血液が届かなくて冷えたりとか、
内臓に血液が届かなくて
消化とか呼吸とか排泄が弱まったりとか、

不調だなあと感じることに
つながっていきます。

今日の体調って
「気」が動いているかどうかに
かかっているんです。

「養生訓」という、
衣食住と運動の長寿の指南書には、

体外の気と体内の気は本来同じものだ

と書かれています。

体内の気が動いていていないときは
体外でもあれこれうまくいかなくて
当たり前だと読み取れます。

いろいろ例をあげましたが、
気力がわくことからやっていたら、
気が、私を運んでくれる。
そう感じることが、仕事をしていて
本当によくあります。

今日、たまたまこれを
読んでくださったみなさんも
この情報を目にしたことが
一つの「運気」かもしれません。

それで明日の行動がちょっと変わったら
「運気」を掴んだという
ことかもしれません。

最近、何が一番捗っていますか?
何が、うまくいっていませんか?

捉えて、乗って、たどりつきましょ、
行きたい場所に!