※ブログではないページに入っちゃってました!9日に書きました。

↓本文

いい仕事をしている人は必ず、
「三方よし」を意識している。

三方よしの三方とは、
売り手と買い手と世間(社会)のことです。

自分の会社と、買ってくれる人が
どちらもwin-win で
さらに社会的によいことは
「いいビジネスだから成功しますよ」
という意味です。

駆け出しの頃その話を聞いて
目から鱗がばさばさおちました。

当時の私は世間知らずで、
「みんなが欲しいことをやる」
の「一方よし」だったんだと思います。

そうか、自分も楽しいクラスか!
と思ったときに
ぱあっと視界が晴れて
そしたらクラスが満席になりました。

それと、ボランティアからスタートしたので
社会によいことであることなんて
あたりまえじゃんとおごり高ぶった気でいたんですが、
あらためて、
わたしのやっているたとえば、「ごほうびヨガ」
が「世間様によいことか」
という視点でみてみるのも新鮮でした。

そうすると、新聞の一面記事が気になったり
世間が今どっちをむいているのかに
急激に興味が湧いたりしました。

「三方よし」の順番って
みんなどうしているんだろうな。
だいたいうちは、
先にみんながこんなの求めてるみたいだ
っていうのに気づいて、
それって自分も楽しいかな?って感じてみて、

新聞は毎日読むので(ざっくりですが)
見出しのどれかと一致すると
「きゃーっ💛」
となってやるに至るんですね。そのクラスを。

時代は流れるので
すぐやめたりすぐ変えたりもしょっちゅうです。
「三方よし」を意識してからは
あまり執着しません。
うちだと長く続いているのは、
海ヨガ、ごほうびヨガ、養成コースの3つですが、
これは、今も昔も「三方よし」です。

でも最近この「三方よし」を
文字で書くとき
「三方良し」ではなく、
「三方笑し」って書いています。

相手に良いってだけじゃ物足りないんですね。
嬉しくてでもいいし、楽しくてもでいいから、
私が嬉しい(笑顔)、相手が嬉しい(笑顔)
そんな仕事をしていたいんです。

それでいくつかやって振り返ったとき
「社会に笑ってる人が増えてた」
そんな仕事をしていけたらいいなと思います。

三方笑しです!←なんて読もっかw