答えからいうと「直感」です。

意味とかないけどこっちがいい。
そんかもしれないけどやりたい。

見えないものだから捉えようがなくて、
どれがそれなのか、信頼できるのか、
わからなかったりします。

私も長年、その考えかたに
興味はありませんでした。

ただ、今思うと、
26歳のころから、何かにつけて
そういうことを話してくれる上司が
いたんです。

当時は「いいお話してもらってる」
というだけの自覚でした。
お腹に落ちたのは、37歳のとき。

その後、ヨガを始めて話がリンクして、
からだの声を聴く暮らしが、
私の暮らしになりました。

直感は個人的で
誰からも太鼓判は押されません。

テレビの情報<親友のアドバイス<自分の直感

なんです。
それで、うまくいくんですよね。
失敗もありません。
ま、人から見たら失敗にみえる
ってことはあるかなー?

でも本人的には、
それを通じて
やり方をかえてうまくいくか、
それ以上の熱意はないのでやめる。

だいたいそのどちらかに収まります。

からだの声という概念を知って以来、
わたしは日常の全部に
これを使っています。

食べる、会う、行く、言う、書く、
着る、買う、話す。

今日を振り返っただけで、これを
直感できめてやりました。

満足です。自分で決めたから♩

今日だけでなく、37歳からずっとです。

優柔不断だった私が、
大事なことを、
自信をもって、希望に満ちて、
決められるようになりました。

決められないときもありますよー。

でも、今日は決めない!って
決められてはいるのよね。

ためしに、
食べるもの、飲むものを
直感で決めてみてください。
満足して丁度よく食べられるように
なりますから。

食いしん坊はこれが一番、
やってて楽しいからだの声かもね。

↓ことしも棗が届きました!

A2E64938-3AD5-4E21-B8E0-96E426650F54

甘露煮にして毎日朝晩、楽しんでます、
レシピ、近々のせますね。
ドライのなつめでもOKです。