image

image

image

image

image

image

image

今日は、ロンドンの友人と再会。
サクラにランチにいきました!

彼女は、ウスくん(サクラの厨房スタッフ)の妹さんで、ファインアートのお勉強でロンドンに留学中の大学生です。

夏休みに帰国するから、お兄さんのお店でランチを、と、お誘いいただいていたんです。

彼女とお母様とわたしの三人で(お母様ったってわたしと同年代)
テーブルを囲むのは、無論、初めてでしたが、なんだかものすごく気があって、怒涛のおしゃべり大会となりました!

実は今日、サクラにつくまで、頭の中がビジネス一色でした。

午前中に企業ヨガや健康経営のリアリティのある話をしていたからです。
然るべき人に会い、話を聞き、
願ってもいないチャンスがきた、と思い、
青写真を描いていたんですね。
ちょっとぼーっとしてました。

あ、お料理はいつもながら美味しかったです、もちろん!!

ランチのあとは親子de薬膳フレンチの打ち合わせもしましたしね。

メニューバッチリきまりましたよー(^O^)

だけど、家に帰り、桃を食べ、
事務をしだすも、気はそぞろ。
青写真を、もっと見たい。
できれば色つきで見たい!

ときに、今日、
サクラのお料理の中に新作がありました。
見たことのない盛り付けです。

生みの苦しみを乗り越え、
常に創作をしつづける難波シェフですから、
シェフ、やりましたね!!と拍手をしたら、
生みの苦しみ、今回のは相当だったとのこと。
厳しい表情をされていました。

生みの苦しみかあ。
だとしたらわたしのは、落としこみの苦しみかなあ。
早くやりたいけど、
なにを吹き込めば実現するの?
なにをすることで現実になるの?
唸りどころはいつもそこ。

もう一つあります。
俯瞰の苦しみ。
それをやるとなにがどうなるのか。
目の前に揃った材料から、ゴールをうまくイメージできないのです。

そんなときは動くに限る!

お洋服を買うときの、試着みたいなものです。
それが自分の服かどうかって、みててもイマイチ想像がつかないけど、
着たら一発でわかりますよね。

試着。
それならできそうかな。
明日ちゃんと着て、もう一度確かめてみることにしよう。

オマール海老の新作、美味しかったな。

シェフたちもがんばっているんだから、わたしもがんばろう!