結婚はしたことがあって←あるんですよー
それはブログにもかいていますが、
赤ちゃんを授かった経験もあります。

1人目の赤ちゃんと、2人目の赤ちゃん。

どちらも性別はわかりません。

1人目の赤ちゃんのことは、
想いが深くて、なかなか、
話せないし書けないでいます。

2人目の赤ちゃんは、
7週目でいなくなりました。

定期検診のたびに、
エコーでピクピク心臓が動いていて、
面白いなぁ、ピーナッツみたい!
と、どこか他人事のように見ていた、

その小さなピーナッツが、
急に、近く迫って感じられたのは、
お腹が痛くなって、病院にいった日。

ピクピクが、ぴたりととまったのを
見た日からでした。

そのときわたしは自分でも驚くくらいたじろいで、
圧倒的な寂しさで泣きました。

それは、今も覚えている、というような
薄い感情ではなく、
思い出すと、そのときの気持ちに
瞬時に包まれてしまって、そうすると、
鳥肌がたってじきに、泣いてしまいます。

現在進行形の寂しさです。

いつだったか、
その子に手紙を書いたことがありました。
話しかけだしたら、
いくらでも言葉が溢れました。

不思議でなりません。
会ったこともないのに
どうしていないことが寂しいの?

愛おしい、という気持ちを知ったのも
このときからのような気がします。

最近は姪っ子がいて、それはそれは
可愛いのですが、それとも数センチほど
方向が違うように思います。

これが母性ですか?

他のものでは感じられない、
唯一無二のその気持ちが、あのときの、
動かないエコーの画像と一緒に、
わたしの中にいまもずっと存在しています。

だからかもしれないけれどクラスで、

「赤ちゃんが欲しいんです」

という話を聞くと、あたりが静かになって
胸がざわざわしだします。

病院にいくと落ち込むとか、
女性としてダメなんじゃないかと
自信を失うばかりだとか、

そんな話をきくと、
胸が塞がれて言葉に詰まってしまいます。

あのころ、流産してしばらくの間
繰り返し思っていました。

赤ちゃんを授かって
産むところまでいくって奇跡だよねと。

すごいよみんなと、周りの友人たちを
急に尊敬の念で眺めだして、
その気持ちを伝えまくったりしました。

赤ちゃんは、お母さんを選んで
生まれてくるといいます。

赤ちゃん欲しいなと思ったときから、
赤ちゃんはもう、
お母さんを選んでいるのだと思います。

授かりたいと願うことも、それに向けて
できることをしようと決めることも、
運命の出会いなのだと思います。

まして、産めるなんて。会えるなんて。

奇跡としかいいようがありません。

この間、
妊活雑誌の監修の依頼を頂きました!

わたしは企画書をよく読まないで、
二つ返事で受けしちゃいました。

ハードルの高さに後からびっくりして
どーすんのこれー!?
となりました。

いやいや、以前ならね。

「わたしにできない話はこない」

が信条でしたから平気でしたが、
歳を重ねて、

「できることしかできない」

が信条になってきているので(笑)
お話を受けないこともあるんです。

でも久しぶりに燃えました。
やるわ。
よくみたらひるんじゃうから、
ひるむ前に受けちゃおう(笑)

大掛かりは大掛かりだけど、
できるようにやるまでよねと、
今そんな気持ちです!

監修の薬膳部分はお料理撮影です。
ここが一番嬉しいけど怖いけど嬉しい(笑)

最近、お料理に癒されているから。

スタジオではヨガしてるか料理してるか
どっちかなくらいお料理してると、
なんだか幸せなんです。

緊張しながら今日6品試作しました。
撮影は3週間後です。

そしたら強力なサポーターが得られたのー!😭

ぜひ一緒にやりたいといってくれる
旧知の友人が、しかもプロ!
これですっかり楽しみになりました!!

雑誌が発売されたらお知らせしますね。
これ読んで赤ちゃん100人生まれますように!

ううん、その前にママです!
明るい自信に包まれますように…。

↓レンコンラーメンは掲載確定(笑)
編集の女の子たち気に入ってました♡

IMG_1529

↓ふつうのナポリタンも登場予定。
わたしじゃないの、これ
ナポリタン好きの星ヨガの河合先生作。
薬膳メニューにどうかと、かなり推し(笑)
もちろん入れますよん!
みんなが好きなものでやるのが、
わたしの薬膳で・す・か・ら♡

67E50CC0-D2C6-417A-A4DD-F0A4CA13CBE8