解剖生理学のLINEグループで
こんな質問をいただきました🌱


Q.この前、受講してから、時々、肺尖(※注 肺の先端のこと)にまで酸素いっぱい届くように〜と深い呼吸をしています。

ただ肺をイメージすると、肺呼吸になりがちです。ヨガで深い呼吸というといは、基本は腹式呼吸なのでしょうか。

🌱🌱🌱

腹式呼吸と肺呼吸
どちらのほうが
より深い呼吸ができるの?

というご質問ですね😊

これの答えは、

やりやすいほうが、より深い🌱

です。

そして、ヨガは腹式呼吸とは
とくには決まってはいないんですよ😉

そのあたりも含めて…

説明の前に、まず
自分は今どちらタイプなのか、
診断してみましょう🎶

ちょっと、自分なりに
深い呼吸をしてみてください。

まずは軽く吐いて、、、


吸ってーーー 吐いてーーーーー

(私もいまやってます)

吸ってーーーー 吐いてーーーーー

2回やりました?
気持ちいいですね〜🌈

で、「吸って」のところで
みなさんどちらを⬇︎しましたか?

A お腹を膨らませた

B 胸を膨らませた

どちらもした、または、
しなかったという人も、

より、どっち寄りだったか?

で選んでみましょう。

A お腹を膨らませた
⬇︎
「腹式呼吸タイプ」

腹式呼吸は、お腹の筋肉を
膨らませたり凹ませたりする呼吸法。

お腹のほうが
膨らませやすかったということは、
腹式呼吸のほうが
深い呼吸になります。

東洋医学的には、下腹の奥に
丹田があり、
ふだんから丹田も使えている
のかもしれないので、
行動力や判断力も
あるんじゃないかなー。

また、

B 胸を膨らませた
⬇︎
「肺呼吸タイプ」

肺呼吸は、胸の筋肉を
膨らませて、ゆるめて、
を繰り返す呼吸法。

胸のほうが
膨らませやすかったということは
肺呼吸の方が
深い呼吸になりますね。

きっとふだんから
「胸を正面に向ける」とか
「背骨を立てる」とかを
ふつうにやれていたり、
姿勢もよいのではないかな〜。
考え方も楽観的&前向きなはず。

🌱🌱🌱

腹式呼吸と肺呼吸って、
動かす筋肉の違いはあれど、
どちらもさいごは、

肺が酸素と二酸化炭素の
入れ替えをする
(=ガス交換)

という点で同じなんです。

深く吸えれば、
たくさん「ガス交換」できる

体内酸素量UP⤴︎⤴︎⤴︎

体が軽くなり気分もよくなる🌱

ので、ただ健康のためならば、
あまりルールにとらわれず、
お腹と胸、どちらでも

やりやすいほうでやる🌱

がベスト👍

質問をくださった方も、

肺呼吸が気持ちよければ
そのまま肺呼吸を🌱
やりにくい日は腹式呼吸を🌱
してみてください。

ちなみにわたしは、
ふだん割とA だけど、
さっきスマホ置いてやってみたら、

ダンゼンB‼️

ずっと猫背でこれ書いてたから(笑)
胸を膨らませるのが
めっちゃ気持ちよかったわぁ🙌

みなさんはどちらでしたか?

やりやすいほうで、気持ちよく
深い呼吸してくださいね〜🌱

IMG_0292