今朝は喉がガラガラです。笑い過ぎです!
男子って何年たってもおバカで面白いのよね(昨夜同窓会でした)
40人近くきていたのかなー
来年も元気で会えるといいな。

さて、関東も梅雨入りしたようですね。

よく「今日湿度高いね〜」といいますが、
東洋医学ではこの湿度のことを「外湿」(がいしつ)といいます。

「外湿」が高いと、体内の湿気(ってあるんですよねー衝撃でした)
「内湿」(ないしつ)もあがります。

感覚としては、

✔︎なんか重だるい
✔︎むくむ
✔︎あまりお腹がへらない
(のに食べるからいつもなんとなくお腹いっぱい)
(だし、なぜか食欲が狂って食べすぎたりもする)

・・・

心当たりありますか?

ダイレクトに落ちるのは、消化力です。

そういえば上野の人体展の
ナレーションをされた著名な医学博士が

「(口から肛門までの)消化管は外部」

とおっしゃっていてなるほど!と思いました。
だから、外と中の湿度が同じなのかー。

空気が湿って重くなってるわけですから、
ぜんどう運動ありきの胃の動きがにぶることは、
むしろ、正常です。

なのでこの時期効果のあるセルフケアは、この3つといえますね。

①お腹が本当に空くまで胃に固体を入れない。

②「腿ピーン!」をする
(腿に胃のツボがある場所を刺激するということ)
(寝転がって片足を正座にすれば、一発です)
(感じとしては、いててーキク〜〜〜〜って感じ!)

③水分を出すお茶を飲む

お茶は、

「コーン茶」「ハトムギ茶」

とうもろこし、はとむぎは
素材そのものに「水分を排泄する力」が
あることがわかるので、私は好んで飲んでいます。

量は「おいしい分だけ」。
あえて何リットルなど決めずにいきましょう♪

これが効果を高める、もっとも即効性のあるコツです。

からだに良いものも

過剰にとれば不調の原因
必要量は毎日変わる

ですからね♪

↓どっちを向いても
あじさいがきれいですね〜。
これはご近所の山のです。
野生のあじさい。

iiQ4DZNOQoe040DX0U0rsA