image昨日のカカオニブに続いて素材の話。
試したら本当においしくって、
一気にココナッツLOVERになってしまいました。

きっかけは先月、料理人すえちゃんと、
混ぜるだけのメニューを考えているとき。

「誰だかさんがココナッツオイルで
リンゴをいためていておいしそうだった」
という話を聞いて(後で聞いたらローラ、でした。)
気になって買いに行ったんです。

そしたらすごく流行っているんですね〜?
お一人様1個まで、と書かれているのをみて知りました。
そして、流行るだけのことはある!
食べてよし、塗ってよしなど
書かれているのを見かけますが
確かに、ボディに塗るとすーっとしみこむ感じがして、
お料理に使うともたれない。

もたれない、って不思議ですよね、油なのに。。
調べてみたら、
炭水化物のように、即エネルギーとして
消費されるからだそうなんです。

脂質はふつう、お酒やタバコと同じに
肝臓で解毒のおしごとがなされます。
でもココナッツオイルは中鎖脂肪酸であるため、
血中の糖として全身で活躍するらしい。
それならなるへそ、肝臓が疲れないわけです。。

ほんとだー、と思ったのはランチのパン。
白湯に溶かして飲んで出かけると
ついてくるパンが食べたくならなかったりするんです。
そんなとき、ココナッツオイル飲んだから
足りてるんだなあ、糖質が…と感じます。
これって薬膳の「補気」にも似ていて、
ココナッツオイルを飲み飲み一日を送っていると
気力体力、長く持続する気がします。
そのわりに、感触はまろやかでオイルそのものだし、
香りはスイーツのように甘いときているでしょー。
手に乗せても、口に含んでも
ハッピーな気分になれるところもいいのです〜。

メーカーはいろいろあります!

写真の水色のは、広口バージョン。
ココナッツオイルは25度までは溶けない、
つまり冬場カチカチです。
ヘラで削りとって使うため、
浅めの瓶は便利

imageこれは400g台の大入りバージョン。
水色のも含めて大体が200g台なので、これはお得。
インターネットでは売り切れみたいでしたが、
成城石井にはたくさんありました。

ちなみに、わたしの購入先はすべて
困ったときの成城石井先生です!
お店ごとに違うメーカーが置かれていて、
この他にも、有機を前面に出したJASマークのものや、
赤いシールの、いかにもフィリピンのスーパー仕様(行ったことないけど)
のなどがあります。
産地はスリランカやフィリピンが多いみたいですね。

そしてオリーブオイルと同じくココナッツオイルも、
ヴァージンはキのままの状態、
ヴァージンでないのは加工品です。
栄養価を考えるならヴァージンだけど、
ココナッツの香りが苦手な方は、
ノーヴァージンは香りがしないそうですよ。
私はこの香りが大好きなので
ヴァージンばかり買っています。

嬉しいことに、ココナッツオイルは
溶ける→固まる を繰り返しても
酸化しないそうだから、
ボディ用、料理用、飲む用、
いろいろ買って合うのを探してみるのもいいかもしれませんね。

imageボディ用は少量づつプリンカップにうつしてます。

image削り取るとこんな感じ。
足やらお尻に触れることを思うと
衛生的でしょー。

星ヨガの河合先生にそのことを話したら、
「やーい、みほみほはお尻に塗った油を
コーヒーにいれて飲むんだってよ〜」
と大喜びしていましたが、
まったく違いますので。

瓶の残りはキッチンにおいて、
コーヒーや豆ヨガ茶、サラダやお味噌汁、
トーストなんかで楽しんでいます!
レシピというほどではないけど、
私が好きな食べ方、かいておきますね!

白菜と生姜のサラダ
*白菜 18cm皿 こんもり
*青梗菜や人参などの彩り 適宜
*生姜 ひとかけ微塵切り
*ココナッツオイル ヘラ一杯分くらい
*米酢 ひとまわし
*醤油 ひとまわし

ココナッツオイルは削ってパラパラパラ〜…
気づけば混ぜるすらしていませんね…でもおいしいからいいの。
生姜とココナッツってあうんですよ〜。

卵のお味噌汁

あわわ、、、時間がきちゃったので、また後ほど!!

みなさま明るい一日を♩