無性に、ポテトチップスを食べたくなる日があります。
私の場合は、月に2回くらい。
そういう方は結構多いようですが、
あの抗えなさ、なんなのでしょうね〜?
1袋食べちゃうけど、体は大丈夫なんだろうか。。

クラスでもしょっちゅう話題になります。

これ答えからいうと、1袋食べても、
大丈夫な場合と、
大丈夫じゃない場合があるんですよね
やっぱり・・・

そのからくりはまた別の場所でお伝えしますが、
ここでは、ポテチ欲との付き合い方をご紹介します!

そもそも、薬膳にはNGなものがないので、
「食べたいものには理由がある」
と考えます。

ですが、ポテチは相当の刺激物、
体にいいとは言えない側面をもっていますので、
こんなフローでむきあいます。


ポテチ欲の対処法

1)まず「食べていいよ」と自分にいう。
2)食べたい度が6とか7なら今日はやめる
3)食べたい度が9とか10なら今日は食べる

禁止されると何がなんでも食べたくなるので
まず、食べてOK、と脳をフラットにします。

冷静になったところで、
食べたさのレベルをみるんですね。

食べたい度が10になる日を待って食べると、
すごくおいしい
の。

6、7のレベルのときは、想像してたほど
おいしくないんですよねー。
途中でしょっぱく感じたり?

何度かそれを経験すると、
今日食べたらもったいないな、
次にとっとこう
って思う日が、増えて来ます。

あと、レベル10の時に食べる分には、
むくんだりもたれたりもあまりしないんです。

また、レベルを図る時間は
瞑想をしているのと同じなんですね。

だから、食べたい度を図ると、それだけで
マインドフルネス=心が満たされている状態
になれるんです。

やけ食いのときの食べたい度は6、7か、
5以下のことも、多いはず。
やけ食いでポテチを欲したとき
冷静に感覚を眺められるように、
1回、深呼吸も挟むと、さらによいです。

ということで、今日は、

ポテチはほんとに食べたくなったときに食べるのがうまいのだ

というお話でした。試してみてくださいね!